NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

×松陽高校 【高円宮杯鹿児島県トップリーグ3部下位】

29日(土)に開催された高円宮杯県トップリーグ3部下位の2試合目、松陽高校戦について。




▼鹿児島ユナイテッドFC U-18
-----8----10----
-------13-------
11---7----14---5
---2---16---3---
--------1-------
▼交代
34分 13→20
38分 2→4
38分 3→21
43分 11→17
54分 8→18
54分 7→19
57分 14→9
57分 10→6
57分 5→15

▼松陽高校
-----54----57----
63---76----59---65
47---64----66---50
---------51-------
▼交代
46分 57→72
54分 65→75
54分 59→52
58分 54→69

この試合でU-18のゴールマウスを守ったのはU-15鹿児島所属の河野友哉君

高円宮杯では、中高一貫の学校やU-15を保持するクラブユースは中学生も出してOKなので、他にもおそらくU-15の子と思わしき選手も出していた。

既に180cm。あと何cmか伸びてくれればいいのだが。

さて、試合内容だが、松陽に最初から最後まで圧される展開だった。

まず、松陽のボールポゼッションが良い。ただ繋ぐだけではなく、タメを作り、オフ・ザ・ボールの動きを引き出す。

持つか捌くかの判断は松陽が上。

この動きに対し、U-18は揺さぶられる。工業戦では守備陣の危なげないプレーが光ったが、この試合では水際で食い止めるシーンが多い。

また、ルーズボールに対して後手を踏む事が多く、出足の悪さが目立つ。

前半アディショナルタイムに細かく繋がれた後に右サイドの65番がフリーで走り込み、そこにパスが通る。難なく決められて先制を許す。

後半は開始早々に右サイドからクロスを許し、中で合わされて追加点を奪われる。

出鼻を挫かれる結果となったが、U-18はやはりリズムが掴めない。

ボールを受けて持つか捌くかの判断が悪く、シュートらしいシュートも許してもらえず。

後半は積極的に交代をし、体格的にU-15の子と思わしき選手も投入するが、既存の選手よりも体格で劣るその投入された選手の方がガッツはあった。

ただ、主導権を握られた状況を打開する力はまだなかったか。

終盤にコーナーキックを合わされて3失点目を喫し、内容もスコア的にも完敗だった。

■高円宮杯鹿児島県トップリーグ3部下位
鹿児島ユナイテッドFC U-18 0 (0-1,0-2) 3 松陽高校
※30分ハーフ

得点者;
【松陽】 65番(30+1分)、??(32分)、??(56分)

日時: 2017年7月29日(土)
会場: 松陽高校
満足度: ★☆☆☆☆



意外と言ったら失礼だが、松陽のサッカーは丁寧だった。

プリンスリーグや1年生大会を観ていると、高体連のチームは縦に速い所謂、キック&ラッシュを志向するチームが多かったが、松陽はパスを丁寧に繋ぎ、持つ・捌くの判断が良く、オフ・ザ・ボールの動きを引き出していた。

このサッカーの完成系はJユース、高体連では青森山田や東福岡等プレミア勢が志向するサッカーだ。

この松陽はおそらくBチームだが、Aチームがどういうサッカーをするか興味が出てきた。
















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター