NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

アンケート結果



たまに気になっていた事だったのでアンケートを取ってみました。

261票と、予想以上に票が集まってビックリしております。

結果は、「地域リーグでもJリーグを目指すクラブ」が48%、「Jは目指してないけどJFL所属の企業のサッカー部等」が52%とJFL派が僅かに上回る結果となりました。

これ、地域リーグからJリーグに上り詰めた選手もいれば、JFLを経てJリーガーになった選手もいるので、「どっちが正解」というのはありません。愚問というリプもありました。

言葉足らずであれなんですが、「あなたが選手の立場だったらどうする?」と一言添えれば良かったと後悔しております。

そんな中でこのようなりプを頂きました。



Jリーガーになるには、卒業後に入ったクラブでそのまま自身も昇格するのが手っ取り早いと思います。

そこでポジション争いに負けず、試合に出続ければMr○○と呼ばれ、多くのサポーターからリスペクトされる存在になれるでしょう。

ただ、地域リーグのデメリットとして、上位・下位のレベル差という問題があります。

高知にまつわるリプを頂いたので、ちょっと高知の戦績を見てみました。
http://kochi-usc.jp/ranking/ranking-615/

リーグ戦はFC徳島セレステにドローこそあれど、多くの試合を大量得点差で勝利しています。そして、そのFC徳島セレステにも、全社四国大会では5-0で勝利しています。

かつての九州、北信越等のように「無駄に熱い」と言われたリーグならばライバルも多く、100%で挑まないと勝てない試合も多いでしょう。

しかし、地域リーグは上のカテゴリーを目指すクラブもあれば、地域リーグ残留を目指すクラブもあり、ベクトルが異なります。相手によっては、80%、もしかしたら60%の力でも勝てる相手もいるでしょう。

それでは得られる経験値が低く、必ずしもプラスに働くとは思えません。

個人的には「Jは目指してないけど、JFL所属の企業のサッカー部等」派なんですね。

その理由が上記の「地域リーグにおける上位と下位のレベル差」にあります。

JFLと地域リーグ、リーグ戦はJFLの方が多いですが、地域リーグクラブが出れる全公式戦を全て足せばそんなに試合数としては変わらないと思いますが、JFLの方は「100%の力で行かないと勝てないチーム」のみで編成されています。

JFLの方が戦って得られる経験値は高いと思いますし、以上の事から、自分は「Jは目指してないけど、JFL所属の企業のサッカー部等」派で、選手の立場だったらそこで力をつけてJリーガーを目指します。

こちらのデメリットは「集客」でしょうか。

やはり、Jを目指しているかどうかで集客も影響してきます。

鹿児島ユナイテッドFCも統合し、JFLで戦うようになってから観衆は増え、J3になってまた増え、という感じですが、大観衆の応援の元でプレーしたい選手は地域リーグでもJ志向のクラブが向いているのかもしれませんね。

以前、どこかで聞いた話ですが、「レノファ(中国リーグ時代)の応援が熱いのでここでプレーしたい」と移籍してきた選手もいると聞きます。

決め手は「サポーターの熱い応援か、リーグのレベルか。」という事でしょう。

結局、一番手っ取り早いのはJFLのJ志向のクラブでしょうけども。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター