NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

佐賀県×宮崎県 【九州国体】

8/11の九州国体1回戦は第2試合、佐賀県×宮崎県の一戦も観る。その試合の事を少々。

■佐賀県
GK 1 川原 隆広 FCアレグリ・カミーニョ
DF 8 谷口 政昭 川副クラブ
DF 5 一ノ瀬 慶太 佐賀LIXIL FC
DF 4 橋口 大樹 佐賀LIXIL FC
DF 6 坂本 浩幸 佐賀LIXIL FC
MF 3 田中 功一 川副クラブ
→交代 63分 10 廣瀬 大輔 川副クラブ
MF 12 堀西 謙太 佐賀大学
MF 13 時松 拓海 佐賀大学
MF 7 林 慎太郎 佐賀大学
MF 11 松本 健太郎 佐賀大学
FW 16 小池 恭一 FC SOL

▼SUB
GK 15 谷 元太 川副クラブ
DF 2 木原 智典 佐賀LIXIL FC
MF 9 伊藤 友哉 鶴城FC
FW 14 松本 翼 黄城クラブ

--------小池--------
松本(健)--林-----時松
-----堀西---田中----
坂本-橋口- 一ノ瀬-谷口
--------川原--------



佐賀県選抜には九州共立大卒の田中功一がいた。去年観たデンチャレで気になっていた選手。地元に帰ってたのか。

佐賀大の松本健太郎も去年観たデンチャレで好印象だった選手。

■宮崎県
GK 1 村尾 龍矢 J.FC MIYAZAKI
→交代 60分 16 石井 健太 テゲバジャーロ宮崎
DF 4 古垣 秀晃 ホンダロックSC
DF 5 モア 徳彦 宮崎産業経営大学
DF 3 井原 伸太郎 テゲバジャーロ宮崎
MF 8 山村 欣也 J.FC MIYAZAKI
→交代 47分 13 中村 健志 宮崎産業経営大学
MF 6 長谷川 雄志 宮崎産業経営大学
MF 7 米田 兼一郎 テゲバジャーロ宮崎
→交代 49分 14 前田 椋介 宮崎産業経営大学
MF 2 戸波 恵斗 J.FC MIYAZAKI
FW 15 無津呂 武瑠 J.FC MIYAZAKI
FW 9 米良 知記 ホンダロックSC
FW 11 藤岡 浩介 テゲバジャーロ宮崎
→交代 65分 12 笛 真人 宮崎産業経営大学

▼SUB
FW 10 北村 知也 宮崎産業経営大学

---藤岡--米良--無津呂--
戸波--米田--長谷川--山村
---井原--モア--古垣----
---------村尾---------



3-4-3システム。

今年は常連の宮路、諏訪園、徳重が不在。

▼試合

立ち上がりは宮崎がボールを大事にする展開ながら、佐賀がボールを保持すると、サイドからの仕掛けで反撃。

トップ下の7林がよくボールに絡み、ポゼッションしつつ高い位置へ運ぶ。

宮崎は後方でボールを動かすが、最後の所はFWに当てるだけしか選択肢がなく、一見単調。

しかし、後方でボールを動かしている間、前線の選手はポジショニングを微調整し縦パスに備える。

22分に宮崎が先制。

エリア内で受けた15無津呂のシュートが決まる。

佐賀 0-1 宮崎

その10分後、15無津呂のミドルシュートをブロックした際にハンドと判断されPKに。そのPKを11藤岡が決める。

佐賀 0-2 宮崎

2点差になったが、佐賀の攻撃も悪くなく、この段階ではまだ分からないと感じるが、佐賀はボールを運ぶプレーは良いものの、フィニッシャーがいないのか、シュートが少ない。

7林もトップ下というより、ボランチの位置に思える程に位置が低く、サイドハーフの仕掛けへの依存が少し増した印象。

前半アディショナルタイム、左サイドからのクロスにフリーの9米良が頭で合わせて追加点を奪い、前半を終える。

佐賀 0-3 宮崎

後半は47分、佐賀守備陣のパスミスを拾った15無津呂が持ち込んでからのシュートが決まる。

佐賀 0-4 宮崎

52分にも途中出場の13中村からのパスに抜け出した15無津呂のシュートが決まって5-0とする。

宮崎の攻撃はFW任せな部分が多いのだが、しっかりとパスを受けてフィニッシュまで持って行ける。

一方で佐賀は繋ぐのは出来てもフィニッシュに課題が残るのは変わらず。

宮崎は終盤、FWだけでなく、ウィングバックもフリーでゴール前でパスを受けるシーンも増え、もっと決めてもおかしくない程チャンスを作った。

65分、宮崎の選手交代でサプライズ。
てっきり10北村を投入するのかと思ったが、やけに大きい。

投入されたのは監督の笛さんだった。

現役時代はサンフレッチェ広島でプレーした笛さんは例年、宮崎県選抜の監督であり、選手登録もしているが、本業は宮崎産業経営大の監督。10年以上前に現役を退いている。

なので頑張って走るも動きは鈍い。しかし、トラップは上手いし、ボールが近くに来たら反応しようと努力する。現役時代の血が騒いだのか。

そして、その笛さんが得点を奪う。

68分、右サイドを破り中へ送る。フリーの笛さんが押し込んで6点目を決める。

佐賀 0-6 宮崎

中々貴重なものを観れた。



■九州ブロック国体1回戦
佐賀県 0 (0-3,0-3) 6 宮崎県
※35分ハーフ

得点者;
【宮崎】 無津呂武瑠(22分、47分、52分)、藤岡浩介(34分)、米良知記(35+2分)、笛真人(68分)

日時: 2017年8月11日(金)
会場: 島原市平成多目的広場Bコート
満足度: ★★★☆☆



勝負を分けたのはフィニッシャーの差だろうか。

宮崎の攻撃はFWに当てるくらいしか選択肢はないけれど、ボールの貰い方が良いのでフィニッシュまで行ける。

一方で佐賀はボールを前に運ぶのは上手いが、フィニッシャーがいない。

スコア程の力の差は感じなかったので、勝負を決めたのはFWの差なのかなと。

MOM: FW 15 無津呂 武瑠 宮崎県



裏のスペースへ巧妙に抜け出し、ハットトリックの活躍


























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター