NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

菜入に萎える

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、今節の「失点におけるキローラン菜入の叩かれっぷり」についてどうしてもブログネタにしたかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。



まず手始めに、菜入が出場したリーグ戦のハイライトを見直してみたが、DAZNは映像が小さいうえ最低限のシーンしか流さないので、検証するのが非常に難しく、自分自身、まだ分からない部分こそあれど、見えてきた部分を挙げると

[1] 構えが腰高→足元のシュートへの反応が遅れる

[2] シュートの時に体が泳いでいる事が多い→反応できるシュートに反応できないケースも出てくる

[3] 跳躍力のなさ→長身だからまだ良いものの、それを補うポジショニングの修正や判断力を備えているように見えない。

[4] ハイボールにあまり強くない→今節でもあったが、ホーム長野戦でもハイボールの処理をミスして失点していた。

といった部分だった。

プレジャンプに関しては、大きいときもあれば、してなくてその結果としてファインセーブに繋がったシーンもあった。

1つの仮説として、GKとしての「型」を持っていないのではないかという印象を抱いた。

去年、山岡の分析を書いたが、山岡は自分の「型」を持っているGKだが、菜入の場合、DAZNのハイライトでは、良さよりも粗さが目立つ結果となった。

これを踏まえたうえで栃木戦の失点に関してだが、まずは1失点目。



画像が粗い上に小さいので見辛いとは思うが、赤のユニが菜入。

このシーン、フリーキックからの素早いリスタートがフリーのネイツ・ペチュニクに渡り、それに対して菜入が飛び出すのだが、これがゴロのパスで抜け出していたのなら、菜入の選択は正しい。

しかし、ボールは浮き球。滑り込みながらの飛び出しでは頭上はがら空きとなる。そのがら空きとなった頭上にループを決められている。

立った状態で間合いを詰めるのがベターな選択に思えた。

続いて2失点目。



シュートコースと菜入の間合いの詰め方を考えると、GKの非はほぼないケースと思われる。

ただ、菜入にフォーカスしてみると、腰は落とせているのに、上半身が立っているのが気になる。試しにこの体勢をやってみたが、とてもシュートに反応できそうには思えなかった。

こういった体の持ってい行き方も工夫すれば防げるシュートは増えるのだろう。

3失点目。



その前のパスミスが9分9厘悪い。しかし、菜入の体勢を見ていただきたい。

菜入はこの時、足からスライディングで行っている。

通常、ゴール右よりの位置で1対1になれば、上半身を右に倒しながら滑り込む。

そうする事で逆サイドに足が残り、その残った足でセーブできる可能性があるからだ。

しかし、手から行かずに足から行っているし、体勢が逆。

一発で奪いに行こうとしたのは、ディレイでコースを消そうにも横にいた選手に繋がるのが分かっていたからだと思うが、こういう状況で咄嗟にそういうプレーを選択するというのは、兼ね備えているスキルがそのレベルという事でもある。

4失点目。



菜入のファンブルが元で生まれた失点だが、まず、菜入が相手選手と競り合った際、菜入の手と競り合った相手選手の頭の高さが同じ位置にある。

キャッチングは極めて難しい状況にあった。

しかし、菜入の体勢はファーサイドに飛び出しながら、ニアサイドに体が向いている。

矢印の方向にフィスティング出来れば理想だが、体勢的には難しいだろう。仮にできたとしても、赤く囲った栃木の選手に拾われる可能性があるし、赤く塗った部分にパンチングできたとしても、今度は青く囲った選手に拾われる可能性がある。

おそらくだが、そもそもパンチングも適切に出来る状況に見えない。

この時、ユナイテッドの選手はボールにしか目が入っていない。

ちなみにゴールを決めたのはゴール前にいる青く囲った選手だった。

あと、気になったのは、菜入が飛び出してゴールマウスを空けているのに、誰もゴールマウスのカバーリングをしていない事。これも頂けない。

無理なら飛び出さないのも選択肢の1つだが、菜入と競り合ったメンデスは190cmの長身。飛び出さなかったら、ドンピシャのタイミングで合っていた可能性もあるだけに難しい判断。

可能なら、「フタバ」の看板があるあの辺にパンチングして外に出せればという所か。

ちなみに、こういった競り合いの時に当たり負けせずに、キャッチングや適切なパンチングができるフィジカルというのは日本のGKの課題だと思う。

5失点目



これはコースが良かったので防ぐのは難しいと思うのだが、菜入にフォーカスしてみると、プレジャンプが少し大きかった気がする。

プレジャンプが終わっていざ飛ぼうとした時には既にボールは赤で囲っている所にある。加えて、左足が少し浮いている。

シュートに対しての備えという部分では疑問が残る。

以上の事から、このレベルでプレーするGKとしてのスキルは高いとは言えない。

日本人GKとしては体格に恵まれてはいるが、190cmあるわけでもなく、身体能力が高いわけでもなく、跳躍力や反射神経が特別優れているわけではないのに、スキルも不足していてはミスの失点が重なっても仕方がない。

結果論だが、大火傷をするリスクは常にあったという事。それが今節に出てしまった格好に。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

質問です
いつも冷静な分析を、楽しく拝読させていただいております。

今回の記事も、知らないこともたくさんあってすごく参考になりました。

そこで質問です。

この記事に書いたようなことって、きっとプロのゴールキーパーコーチは頭に入っているような内容であろうと思っています。

そういうことがわかっていると言う前提で考えたときに、今なぜキローラン選手を使い続けることにメリットがあるんでしょうか?

もちろんチームの実情が、見えるところだけに転がっているとも思いませんが、考えを聞いて参考にしたいと思い質問させていただきました。

お手数かけますがよろしくお願いします。
【2017/09/11 23:33】 URL | ukasD #- [ 編集]


なんだこの記事は!キローランへのリスペクトを欠いてる!2ちゃんじゃねぇんだ。もっとマシな事書け!
【2017/09/11 23:34】 URL | football legend man #- [ 編集]


鹿児島のGKは、山岡くらいしか現カテゴリで経験積んでいないのが問題かなって思っている
【2017/09/12 00:23】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


ただの批判ではなく一つ一つを分析した上でのわかりやすい記事をありがとうございます。2ちゃんじゃないとコメントされてる方がいますが、2ちゃんではほぼお目にかかれないような冷静な意見だと思います。これからも楽しみにしています。
【2017/09/12 00:41】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


キローランが上だから使ってるだけ。他のGKも大して変わらんよ。今出てないから幻想があるだけだよ。
【2017/09/12 01:39】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


キローランは要らん。山岡を出せ。
【2017/09/12 16:15】 URL | あ #- [ 編集]


>>ukasDさん

難しい質問ですね。

なぜ、菜入を使っているのかを検証するには、所属しているGK全員のプレーを練習や映像を見たうえで判断しなければなりません。

とりあえず、比較対象として山岡の出ている試合のハイライトと天皇杯の広島戦の映像を見ました。

山岡のプレーを見ていると、以前書いた記事のようにポジショニング、プレジャンプの小ささ等、GKとしてのスキルは菜入より上回っていると感じます。

シュートストップへのアプローチは完全に菜入よりも上だと判断しました。

ただ、昨シーズンと比べ、シュートストップへのアプローチの中で、細かいミスが増えている印象を受けました。

また、菜入との比較をする上でのラストピースが菜入のキックの精度やビルドアップ能力です。

山岡は手が使えない所でのプレーでボールを繋ぐ技術に長けているとは思えません。

なので、チームがポゼッションをしていく中で、GKもパスの起点にならねばならないと考えているとしたら、山岡はこのスタイルに合っているGKではなく、菜入がそのプレーを得意としているのなら、菜入に出番が回ってくるのも当然なのかと感じます。

菜入のフィードやビルドアップ能力が高いのであれば、チーム戦術として選ぶなら菜入という事になると思います。

これは今、離れている自分からすれば分からない事ですので、逆にお聞きしたいのですが、菜入のフィードやビルドアップ能力はどんなもんなんでしょう?

尚、今回のこの回答はまったく自信はありません(汗)
【2017/09/12 22:33】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


>>※3の名無しさん

菜入はJ2出場経験こそあれど2014年に6試合出ただけですからね。経験値が高いGKではないですね。

>>※5の名無しさん

お褒めの言葉ありがとうございます。

>>※6の名無しさん

その可能性は否定できませんが、こういった場合、根拠となるもの(分析)を示したうえで語らないとフェアではないと感じます。

>>あさん

今回、菜入は5失点のうち3失点は彼のミスだと感じますが、物みたいに要らんという発言はいかがなものでしょう?
選手である前に1人の人間です。

プロ選手である以上、プレーを批判されるのは仕方がないと思いますが、人としての敬意だけは欠いてはいけないと思います。
【2017/09/12 23:00】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


キローランへの敬意を欠いてる奴が人に敬意とかアホらしい。
【2017/09/13 00:41】 URL | football legend man #- [ 編集]

回答ありがとうございます
daiさん、丁寧な回答をありがとうございます。

確かに、目に見えるところの分析と合わせて、監督コーチの考えを推し量る材料がないと、本当の理由のところへアプローチしようにも限界がありますね。

ムチャ振りな質問だったことも、合わせて失礼しました。

この回答を読みながら、今年のニューイヤーカップのことを思い出してました。

山岡選手はジュビロ戦で、何度も何度もスーパーセーブを見せていたにも関わらず、最後のファンブルに対して、反省しすぎるほど反省していたとか。

FPもそうですが、テクニック、コンディションとあわせて、メンタルコンディションもプレーには大きく影響するのかもしれないですね?
【2017/09/13 02:23】 URL | ukasD #- [ 編集]


5の名無し(4かと思ったのですが…?)です。
自分はどの選手も応援していますが、あなたの記事が選手への敬意を欠いているとは全く思いません。現時点で得られる情報で言えることを書かれているのだと感じました。
コメント欄が荒れるといけませんのでこれ以上は控えますが、今後も是非トップチームの記事もよろしくお願いします。
【2017/09/13 11:10】 URL | 名無しさん #dRNWdm06 [ 編集]


(΄◉◞౪◟◉`)数も数えられない馬鹿なのか⁉️
【2017/09/13 18:26】 URL | football legend man #- [ 編集]


>>名無しさん
「4」でしたね。失礼しました。
【2017/09/13 20:28】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


自分のコメントがまさか「数も数えられない」などという悪意をもって他人に使われてしまうとは…荒れてほしくないからとコメントを終わりにしようと思ったのですが、お詫びだけさせてください。非公開コメントがあって自分じゃなかったら恥ずかしいと確認したかっただけです。ごめんなさい。トップ・ユース含めサッカー記事これからも楽しみにしています。
【2017/09/15 14:06】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


気になさらないで下さい。「馬鹿」は自分に向けられたものでしょうから。
【2017/09/15 17:19】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター