NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

コバルトーレ女川×十勝FC 【地域CL】

地域チャンピオンズリーグ1次ラウンドの最終日。

鹿児島ラウンドの第1試合はコバルトーレ女川と十勝FCとの一戦。

コバルトーレは勝点3は必須な上に5点差以上の勝利する事で突破の可能性が出る。一方で十勝FCは前日で敗退が決まった。

■コバルトーレ女川
▼出場メンバー
GK 1 石井 龍誠 東海大学札幌
DF 23 湯浅 秀紀 国士舘大学
→交代 83分 24 木戸 優次 北陸大学
DF 3 宮坂 瑠 駒澤大学
DF 4 木内 瑛 ブラウブリッツ秋田
DF 8 嶺岸 祐介 アイン食品
MF 22 高橋 晃司 仙台大学
→交代 75分 10 池田 幸樹 CUPS聖籠
MF 7 小川 和也 JAPANサッカーカレッジ
MF 6 黒田 涼太 仙台大学
MF 17 畑中 秀斗 仙台大学
→交代 89分 25 武田 晃平 仙台大学
FW 13 成田 星矢(CAP) Angel
FW 28 野口 龍也 HBO東京

▼SUB
GK 21 近嵐 大地 JAPANサッカーカレッジ
MF 20 佐藤 明生 ヴァンラーレ八戸
MF 27 國分 俊樹 横須賀マリンFC
FW 14 吉田 圭 いずみクラブ

------野口--成田------
畑中--黒田--小川--高橋
嶺岸--木内--宮坂--湯浅
---------石井---------



■十勝FC
▼出場メンバー
GK 21 中西 健太 北海道教育大学岩見沢校
DF 14 高橋 賢也 北海道清水高校
DF 24 浅井 達郎 やきとり工場
DF 4 浅野 祐平 CLUBE TREVO
DF 5 丸尾 祐太 福岡大学
→交代 89分 19 中村 吉克 南町FC
DF 3 上田 陵弥 東京武蔵野シティFC
MF 7 高橋 敬 札幌蹴球団
MF 10 田中 基樹(CAP) 蹴鞠会
MF 23 板垣 和之 六花亭マルセイズ
MF 9 山下 亮介 東京23FC
FW 30 田中 康平 FC琉球

▼SUB
DF 2 古谷 翔真 白樺学園高校
DF 13 清原 和也 帯広北クラブ
DF 16 工藤 直輝 札幌大学

---------田中康---------
-山下--板垣--田中基-高橋敬
上田-丸尾-浅野-浅井-高橋賢
----------中西----------




「1点でも多く」という姿勢が序盤から出ていた女川は、中盤でテンポ良くパスを回す。

センターバックが高い位置まで上がって組み立てに参加して厚みを加える。

十勝は初日にいなかった30田中康のポストワークからサイドハーフへ叩くも、攻撃に人数を割けない分、ロストして女川のターン。

女川は上記したようにセンターバックの攻撃参加もあり、かなり比重が前に行っていたが、7小川がしっかりとバランスを取り、リスクマネジメントが出来ていた。

10分、左コーナーキックのこぼれを3宮坂が押し込み先制。
女川 1-0 十勝

早い時間帯に決めれた女川だったが、決定機こそ多く作るも、追加点を奪うまでに時間を要した。

38分、女川はカウンターで22高橋がドリブルで持ち込む。

エリア内でタメを作り、コースが空いた所で左足を一閃。

女川 2-0 十勝

その1分後には、左サイドからのクロスに28野口が頭で合わせて3点目。

女川 3-0 十勝

前半は3-0。最低5点差と考えるとまずまずのスコア。

中→外→中の連携が良い。

後半、十勝がシステムを4-4-2に変える。

-----高橋敬--田中康-----
山下--板垣--田中基-高橋賢
上田--丸尾---浅野---浅井
----------中西----------

十勝にとっては最後の45分。この変更がどう出るか。

後半開始2分、17畑中のミドルをGK中西がセーブするも、その直後の左コーナーキックの混戦から、28野口が押し込む。

女川 4-0 十勝

最低あと1点が必要な女川だったが、次の5点目が入るまでに時間を要した。

流れが変わったわけでもなく、パスを中→外→中と回し、中央からの崩しもあったが、決定力を欠いた。

好連携を見せるも、焦っているようにも見えた。

71分、女川追加点。

左サイドから8嶺岸がクロスを上げる。そのクロスがファーサイドへ流れ、そのボールを再び中へ。それを6黒田が決めた。

シュートは当たり損ねていたが、コースが良かった。

女川 5-0 十勝

75分、女川は選手交代。
22高橋→10池田幸樹。

布陣がこうなる。

------野口--成田------
池田--黒田--小川--畑中
嶺岸--木内--宮坂--湯浅
---------石井---------

左サイドハーフの畑中が右サイドへ。

76分、その途中出場の10池田が左サイドからクロスを上げ、28野口が頭で合わす。

野口はハットトリック。

女川 6-0 十勝

81分、女川はカウンターで13成田が左サイドの裏を取り、中へ。中で受けた17畑中がGKもかわして流し込む。

女川 7-0 十勝

82分、女川は2枚目の交代。
23湯浅→24木戸優次。そのまま右サイドバックへ。

83分、十勝が1点返す。

フリーキックのこぼれを24浅井が中へ送り、ゴール前で30田中康が押し込んだ。

女川 7-1 十勝

88分、女川は3枚目の交代。
17畑中→25武田晃平。

布陣がこうなる。

------野口--成田------
武田--黒田--小川--池田
嶺岸--木内--宮坂--木戸
---------石井---------

アディショナルタイムの92分、女川はゴール前で崩し、10池田がシュート。GKが弾くが、セカンドボールを13成田が頭で押し込む。

女川 8-1 十勝

女川が決勝ラウンド進出の可能性を残す快勝で1次ラウンドを終えた。

■全国地域チャンピオンズリーグ1次ラウンド
コバルトーレ女川 8 (3-0,5-1) 1 十勝FC

得点者;
【女川】 3宮坂瑠(10分)、22高橋晃司(38分)、28野口龍也(39分、48分、76分)、6黒田涼太(71分)、17畑中秀斗(82分)、13成田星矢(90+3分)
【十勝】 30田中康平(83分)

日時: 2017年11月12日(日)
会場: 県立サッカー・ラグビー場Aコート
満足度: ★★★★☆



この大量得点差により、女川はワイルドカードで決勝ラウンド進出を決めた。

連携の良い面白いサッカーをしていた。

この日はワンサイドゲームだったが、統制された守備も良い。

敗れた十勝だったが、GK中西は何度もファインセーブを見せた。

また、何だかんだで3試合とも得点を決めている。

来シーズンは生まれ変わって再出発するようだが、どうなるか動向が気になる。

MOM: FW 28 野口 龍也 コバルトーレ女川


大量得点が必要な中、ハットトリックの活躍。






























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


下手くそ
【2017/11/17 16:43】 URL | football legend man #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター