NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

GKの技術論の話

ある日、このようなコメントを頂いた。



この試合は観ていないし、観れる環境にないので、「足で行く事が多い」という部分がどの状況で行われたかは定かではないが、一般的な技術論で検証してみようと思う。

まず、ベストセーブにも選ばれた菜入のプレーをご覧頂きたい。




このプレーに関し、自分はこのようなツィートをした。




上記の菜入のセーブも足で防いでいるが、このプレーに関しては、菜入の特徴として大柄で構えが腰高な点とリンクしている。

通常、GKの構えは重心を低くし、手は360度どのコースに飛んでも手が出せるように添える。

ところが、菜入は上記のように構えが腰高、ほぼ前かがみの状態であるため、足元に来るシュートは手よりも足の方が防ぎやすいという特徴がある。

このシーンに限って言えば、足で処理する事が悪い事ではなく、身体のどこかに当てる事が大事なシーンだった。

ちなみに、Youtubeで見つけたティボー・クルトワのセーブ集でも、足で防いでいるシーンがある。

https://youtu.be/VJkva83qj9s?t=1m28s

この状況は、身体いっぱい広げて面を作る際に股が開いてしまい、下半身から上半身へ力が伝わりにくく、ダイビングするのが難しい体勢だったので、足で防ぐのがベストな選択であった。

クルトワの身長は199cm。大柄なのでゴールに近い位置ではシュートコースを消すために身体をいっぱいに広げて面を作るので、股が開き、足元のシュートを手で防ぐのは難しいと思われる。

では、「足で行く事が多い」とはどのようなシーンなのか。

https://www.youtube.com/watch?v=6HYZpUgz3Rw

この動画は、フロントダイビングの練習風景だが、分かりやすく言えば、相手FWと1対1でシュートを打たれる前に防ぐ状況を想定した練習である。

このシチュエーションで足で行くのは問題外だが、ペナルティエリアギリギリでハンドのリスクがある場合は足で行くのも致し方ないと考える。

また、至近距離のシュートはPKよりも防ぐのが難しい場面もあり、そういうシュートに対しては、何より身体に当てる事が重要になる。

なので、ペナルティエリアギリギリのフロントダイビング、至近距離で足下に来たシュートは足で止める事が悪い事ではない。と考える。

映像がない以上、適切な答えではないが、足で行く事が悪いシーンばかりではなく、そこの判断をした上で処理していれば何ら問題はないと思う。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター