NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs甲南高校 【高円宮杯県トップリーグ3部上位】

U-18のトップリーグを観に鹿実グラウンドへ。

今回の相手は甲南。10/22に開催予定だったが台風で順延になった試合。

公式戦が約1ヶ月空いた中での一戦だが果たして。

■鹿児島ユナイテッドFC U-18
GK 1 山之内 幹 3年
→交代 59分 12 山元 虹稀 2年
DF 23 甲斐 裕也 1年
DF 3 瀬戸口 悠人 3年
DF 5 神野 亮太 1年
DF 2 趙 宰賢(チョ・ジェヒョン) 3年
→交代 32分 4 田中 廉人 1年
MF 6 本田 陽司(CAP) 3年
MF 13 野嶽 寛也 2年
MF 14 橋野 拓海 2年
→交代 52分 20 大竹 悠策 2年
MF 17 吉岡 将輝 1年
MF 10 藤田 翔輝 3年
FW 7 曺 亭仁(チョ・ヒョンイン) 3年

----------亭仁----------
藤田------吉岡------橋野
------野嶽-----本田-----
宰賢--神野--瀬戸口--甲斐
---------山之内---------




立ち上がりは甲南がシンプルに縦を使ってくるが、U-18の守備陣のチャレンジ&カバーも良く、崩された攻撃はない。

一方でU-18はマイボールにしてからは悪いピッチコンディションの中でもパスをしっかりと回し、機を伺う。

ビルドアップミスも多く、不用意なロストも目立ったが、その後のカバーリングは良く、ピンチこそなかったが、雨上がりで凸凹になっているピッチでのショートパスはボールを弾ませてしまう。

開始4分、U-18先制。

左サイドからのコーナーキックを3瀬戸口が競ってファーサイドで14橋野が押し込んだ。

甲南 0-1 U-18

その1分後には左サイドからの縦パスに抜け出した7亭仁のシュートが決まる。

甲南 0-2 U-18

10分以内で2ゴールと幸先の良いスタート。

13分には同じく左サイドの裏へ抜けた7亭仁のシュートが決まった。

甲南 0-3 U-18

早い時間帯に3点差がついたが、24分、ペナルティlエリア内でハンドを取られPKを献上。

そのPKを甲南の10番の選手に決められて1点を返される。

甲南 1-3 U-18

U-18はボランチで起用された6本田の動きが良い。

ボールを持ってからの判断や捌くときのクイックネスが良く、トップチームに時々帯同しているだけあり、そこは意識しているように感じた。

この6本田をボランチに置く事で切り替えがスムーズになり、テンポ良くサイドへ展開する。

32分、U-18はアクシデント。

2宰賢が負傷交代。4田中廉人を投入。そのまま左サイドバックへ入る。

前半は3-1でリード。

後半は開始5分に6本田のスルーパスに抜け出した7亭仁のシュートが決まる良い入り。

甲南 1-4 U-18

しかし、相変わらずビルドアップミスが多く、自陣で悪い奪われ方をしてピンチを招く。

また、攻撃に関しては、しっかりとボールを大事にしてサイドへ展開が多く見られるが、サイドの局面で無謀な仕掛けも目立ち、そこでのロストも目に付く。

52分、U-18は2枚目の交代。
14橋野→20大竹悠策。

布陣がこう変わる。

------亭仁---藤田-------
大竹--野嶽---本田---吉岡
田中--神野--瀬戸口--甲斐
---------山之内---------

システムを4-4-2に変える。

また、57分には選手の配置の変更も。

------亭仁----藤田------
大竹------本田------田中
----------野嶽----------
吉岡--神野--瀬戸口--甲斐
---------山之内---------

左利きの17吉岡を左サイドバックへ移し、4田中を右サイドへ。

この4田中は6本田と頻繁にポジションを入れ替えていた。

13野嶽が1歩引いたポジショニングだったので、中盤がダイヤモンドになっていた。

59分にはGKを交代。
1山之内→12山元虹稀。

60分、U-18追加点。

右サイドに流れた6本田のクロスを7亭仁が合わせた。

甲南 1-5 U-18

U-18はボールをリズム良く繋ぎ、サイドからの崩しから多くの決定機を作った。

大量得点差になっているが、もっと決めるべきシュートもあり、「それ外す?」というレベルのシュートもあった。

差が開いた分、どこか緩さも感じる。

73分、U-18追加点。

フリーキックがゴール前の7亭仁の下へ。7亭仁がDFを1人かわして叩き込んだ。

甲南 1-6 U-18

7亭仁5ゴール目。

Jユースカップではノーゴールだったが、デビューしてから通算13得点目。出場試合数は5試合。かなり荒稼ぎしている。

U-18はアディショナルタイムの82分に13野嶽のスルーパスを左サイドの裏へ抜けた吉岡が中へ。20大竹のシュートが決まり7点目。そして試合終了。

甲南 1-7 U-18

■高円宮杯鹿児島県トップリーグ3部上位
甲南高校 1 (1-3,0-4) 7 鹿児島ユナイテッドFC U-18
※40分ハーフ

得点者;
【甲南】 10番(25分@PK)
【U-18】 14橋野拓海(4分)、7曺亭仁(5分、13分、45分、60分、73分)、20大竹悠策(80+2分)

日時: 2017年11月18日(土)
会場: 鹿児島実業高校
満足度: ★★★☆☆



試合は大量得点差での勝利だったが、バックラインでのビルドアップミス、サイドから無謀な仕掛けでのロスト、決めるべきシーンで決めきれない等、課題も残った。

甲南は3年生が引退済の普通の高校。

単純な能力ではU-18が上回っていた分、力を持て余して緩さが出たのだろう。

こればかりはリーグのレベルの問題だし、逆にそのカテゴリーで力を持て余すレベルにまで成長したとも言える。

この勝利で次節負けても来年の2部参入戦には出れるようだが、次の鹿商はこのカテゴリーでは侮れない相手だと思うので、有意義な試合にしてもらいたい。

MOM: MF 13 野嶽 寛也 鹿児島ユナイテッドFC U-18



ゲームメイクをしつつアンカーとして中盤で舵取りに奔走。チームの心臓として存在感が大きかった。






































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2018/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター