NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vsアミーゴス鹿児島U-18 【市比野温泉杯】

市比野温泉杯2日目。初日は予選リーグ。今日は決勝トーナメント。

相手はクラ選で負けたアミーゴス鹿児島。是非ともリベンジしたい相手。

■出場メンバー
GK 1 山元 虹稀 2年
DF 25 松本 徹平 1年
DF 27 李 先庸(イ・ソンヨン) 2年
DF 20 神野 亮太 1年
DF 29 甲斐 裕也 1年
MF 13 野嶽 寛也 2年
MF 19 大竹 悠策 2年
→交代 23分 5 三堂 楽斗 1年
→交代 54分 33 石野 佑貴 1年
MF 10 吉岡 将輝 1年
MF 11 長濱 夢希 1年
FW 9 元松 駿佑 1年
FW 31 西山 明輝 1年

-------西山---元松------
-長濱-----吉岡-----大竹-
----------野嶽----------
甲斐---神野--先庸---松本
----------山元----------




立ち上がり、アミーゴスは後方で回して揺さぶり、右サイドへ大きく展開する。

右サイドハーフの13番の選手の所から果敢に攻め込む。

前線の選手も体格の良い選手がいる中、サイドを使ってシンプルに放り込んでくる。

GK山元は決して大柄ではないが、このパワープレーに対し、臆することなく飛び出して相手の攻撃をシャットアウト。

時折ミスも目立ったが、声もよく出ており、後方から引き締める。

U-18は13分に最初のチャンス。
左サイドで受けた9元松が突破し中へ送る。それを31西山が合わせるが、DFにブロックされる。

逆にその1分後はアミーゴスが決定機を作る。
右サイドへ大きく振り、裏のスペースに走り込んでいた13番とGK山元の1対1。これはGK山元が好セーブを見せる。

一進一退の攻防の中、先制したのはアミーゴス。
16分、右サイドへ展開。ボールを受けた13番の選手が飛び出したGK山元をかわして中へ。そのパスを受けた14番の選手が押し込んだ。

ユナイテッド 0-1 アミーゴス

嫌な流れになるかと思われたが、その2分後、右サイドからのクロスをファーサイドで受けた9元松が胸トラップからのシュートがネットを揺らす。すぐさま同点に。

ユナイテッド 1-1 アミーゴス

23分、ユナイテッドは早くも動く。
19大竹→5三堂楽斗。

布陣がこう変わる。

-------西山---三堂------
-長濱-----吉岡-----元松-
----------野嶽----------
甲斐---神野--先庸---松本
----------山元----------

アミーゴスは29分、縦パスに抜け出した11番の選手がGKと1対1の状況になるが、GK山元のフロントダイビングで事なきを得る。

アミーゴスの力強さも感じる攻撃に対し、GK山元の思い切りの良さ、20神野、27先庸の両センターバック陣のチャレンジ&カバーが良く、攻撃を許している時間帯もしっかりと耐える。

前半アディショナルタイムの31分、左サイドからのコーナーキックのこぼれを拾った31西山がシュートコースを空けるために突破を図るがボールをロスト。しかし、そのこぼれを拾った29甲斐のミドルが決まって逆転。

ユナイテッド 2-1 アミーゴス

前半は2-1でリードする。

後半は開始1分、左サイドの裏へ抜け出した31西山のマイナスを11長濱がシュート。

枠を外れるが、良い入りを見せた。

しかし、アミーゴスも負けてない。
36分、カウンターから右サイドへ展開しクロス。これを11番の選手が頭で合わすが枠の外。

42分にはユナイテッドもカウンター。
右サイドで受けた5三堂が中へ。アミーゴスDFのクリアミスを31西山が拾いシュートを放つが正面。

アミーゴスはシンプルにサイドを使うが、後方の押し上げが足りないので、中盤は間延びしていた。

ユナイテッドはその空いたスペースでパスを繋ぎサイドを使う。

また、ロングボールを裏のスペースへ送り、攻撃陣のスピードを活かす攻撃もあり、メリハリは良い。

試合は一進一退。

50分、アミーゴスは左サイドでフリーキックを得ると、そのボールを11番の選手が頭で合わせて同点とする。

ユナイテッド 2-2 アミーゴス

54分、ユナイテッドは2枚目の交代。
5三堂→33石野佑貴。33石野佑貴は前日のB戦で好調だった選手。

-------西山---石野------
-長濱-----吉岡-----元松-
----------野嶽----------
甲斐---神野--先庸---松本
----------山元----------

最終布陣がこう。

57分、ユナイテッドはフリーキックのこぼれを拾った33石野が上がっていた25松本へ。25松本が中へ送り、受けた9元松のシュートが決まり勝ち越し。

ユナイテッド 3-2 アミーゴス

アミーゴスのGKはオフサイドをアピールする。自分が観ている角度からでは全然違った。まあGK目線だと際どいオフサイドを判別するのは難しいからその類なんだと思う。

この1点を守り切り、ユナイテッドは見事勝利した。

■市比野温泉杯
鹿児島ユナイテッドFC U-18 3 (2-1,1-1) 2 アミーゴス鹿児島U-18
※30分ハーフ

得点者;
【ユ】 9元松駿佑(18分、57分)、29甲斐裕也(30+1分)
【ア】 14番(16分)、11番(50分)

日時: 2017年12月26日(火)
会場: 丸山自然公園人工芝グラウンド
満足度: ★★★★★★



試合は緊張感があり面白かったのだが、残念な事もあった。

アミーゴスはジャッジに対して不満を露わにするシーンも目立ち、異議でイエローを貰った選手もいたが、特に酷かったのはユナイテッドの3点目が入ったシーン。

アミーゴスのGKはオフサイドだと猛アピールをしていた。

それだけならまだいいのだが、ラインズマンに対し「目ついてんのかよ!!」と怒鳴りつけた事だ。

カードは出なかったがカードに値すると思う。

この試合のラインズマンは各チームの高校生が務めたが主審は試合をしてないチームの監督が務めた。

相手は大人だ。ジャッジに納得がいかないからと礼節を忘れてはいけない。

そこが残念だった。

MOM: FW 9 元松 駿佑 鹿児島ユナイテッドFC U-18



先制、同点と失点した後に貴重な同点ゴール、決勝ゴールを決めた。




















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Twitterからたどり着きました。
ユースの記事を書くのわ自由ですが、鹿児島ユナイテッドFCのハッシュタグを入れるのはやめて下さい。紛らわしいです。
【2017/12/26 21:46】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


一緒に「#鹿児島ユナイテッドFCU18」のタグも入れてるのでその時点で気付いてください。

U-18やU-15も立派な鹿児島ユナイテッドFCの一員です。トップチームばかりがユナイテッドではありませんよ。だからアカデミー関連でも「#鹿児島ユナイテッドFC」と入れています。
【2017/12/28 01:14】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター