NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

久留米大学×福岡大学 【九州大学1部】

7日(土)の九州大学リーグ1部、第2試合は2部から昇格した久留米大学と前回王者の福岡大学との一戦。

■久留米大学
GK 1 高稲 洲士 諫早商業
DF 12 吉村 啓志 熊本国府
DF 3 中島 弘人(CAP) 佐賀北
DF 4 居石 将太朗 福翔
DF 6 末永 大輝 諫早商業
→交代 55分 2 日吉 彰将 九産大付属
→交代 83分 27 川路 恵太 龍谷
MF 13 吉川 晃太郎 佐賀北
→交代 55分 10 原口 克俊 熊本国府
MF 16 森 雄輝 松山商業
MF 5 中村 匡希 長崎総合科学大附属
MF 21 山口 直紀 佐賀商業
FW 7 山口 拓己 サガン鳥栖U-18
→交代 73分 15 志岐 昴亮 伝習館
FW 9 前山 紘輝 佐賀北

--------前山---山口拓-----
山口直--中村----森----吉川
末永----居石---中島---吉村
------------高稲-----------




■福岡大学
GK 21 真木 晃平 2年 大分トリニータU-18
DF 22 河原 創 3年 大津
DF 3 下堂 竜聖 4年 樟南
→交代 80分 2 津留 卓磨 3年 サンフレッチェ広島ユース
DF 6 中田 永一 4年 四日市中央工業
DF 13 石田 皓大(CAP) 4年 高川学園
MF 15 河面 龍征 3年 東岡山工業
MF 14 倉員 宏人 1年 サガン鳥栖U-18
MF 8 大熊 健太 3年 FC東京U-18
→交代 57分 11 花田 佳惟斗 3年 興國
FW 17 梅木 翼 2年 立正大淞南
→交代 57分 30 前田 翔吾 3年 鹿児島実業
FW 10 梅田 魁人 3年 高川学園
FW 9 古川 愛基 4年 興國
→交代 HT 7 井上 健太 2年 立正大淞南

--古川--梅田--梅木--
--大熊--倉員--河面--
石田-中田--下堂-河原
--------真木--------




立ち上がり、球際で激しくぶつかってくる福大。

まずはシンプルに縦に蹴る。

激しくいって主導権を握るとサイドからの仕掛けを増やす。

11分、左サイドを攻め上がった13石田のパスを9古川がシュート。GKがこぼした所を10梅田が押し込んだ。

久留米 0-1 福大

その1分後、福大は9古川が左サイドをドリブルで切り裂きシュートを放つがポスト。

久留米大は福大の圧力に対し、前を向かせてもらえず、バックラインで回してGKへ戻してを繰り返す。

縦に入れると、屈強な福大両センターバックが弾き返す。

15分、右コーナーキックを3下堂が頭で合わせて追加点。

久留米大 0-2 福大

幸先良いスタートを切った福大だが、どこかピリッとしない。

バックラインで回している時間が長く、ベンチからは激が飛ぶ。

パスを回す事を否定しているわけではないだろうが、縦に速く前で勝負する状況を作りたいのか。

32分、福大は右サイドで仕掛けた15河面が強烈なシュートを放ち3点目。

久留米 0-3 福大

前半で3-0は通常悪くないスコアではあるが、どうも福大はピリっとしない。

随所に激しさを感じさ、今風に言えばデュエルしているのだが、久留米大に自由にボールを持たせていない展開では、まだやれる・やらないといけない部分はあると思う。

後半、福大は選手交代。
9古川→7井上健太。

10梅田が少し引いて4-3-1-2のような布陣。

----梅木----井上----
--------梅田--------
--大熊--倉員--河面--
石田-中田--下堂-河原
--------真木--------

全日本大学選抜にも名を連ねる7井上健太をここで投入。

その効果は早くも出る。

手元の時計で後半開始37秒、右サイドの裏を抜け出した7井上がマイナスを送り、中で17梅木が合わせる。

久留米 0-4 福大

55分には久留米大。
右サイドからのクロスを7山口拓がファーで合わせてシュートを放つが枠の外。おそらくこれが最初のシュート。

後半になると、久留米大は9前山が中でターゲットになったり、サイドに流れてクロスを供給したりと、攻撃のキーマンになっていた。

55分、久留米大は2枚代え。
6末永→2日吉彰将、13吉川晃太郎→10原口克俊。

10原口はそのまま13吉川のポジション、2日吉はセンターバックに入り、4居石が左サイドバックへ。

--------前山---山口拓-----
山口直--中村----森----吉川
居石----日吉---中島---吉村
------------高稲-----------

57分、福大も2枚代え。
8大熊→11花田佳惟斗、17梅木→30前田翔吾。

布陣がこう変わる。
----前田----井上----
--------花田--------
--河面--倉員--梅田--
石田-中田--下堂-河原
--------真木--------

59分、久留米大は12吉村のクロスを9前山が合わすが、福大GK真木がセーブ。

ルーズボールを久留米大が拾えるようになっており、福大ベンチはそこを気にしているようだった。

福大はシステムを4-4-2に変える。

-----前田--井上-----
河面-倉員--梅田-花田
石田-中田--下堂-河原
--------真木-------

福大は中盤をコンパクトにし、サイドからの仕掛けも厚くなる。

後半投入の7井上の裏へ抜け出すスピードや仕掛けはこのレベルでは1つ抜けていた。

ギアを上げて走る・競る。

73分、久留米大は3枚目の交代。
7山口拓→15志岐昴亮。そのままFWに入る。

76分、福大は7井上が相手DFの間に巧妙に入り、ドリブルからシュート。これはGKがセーブ。

80分、福大は最後の選手交代。
3下堂→2津留卓磨。

最終布陣がこう。
--花田--前田--井上--
--河面--津留--梅田--
石田-中田--倉員-河原
--------真木--------

85分、福大は右サイドの裏へ抜け出した7井上のクロスを30前田が頭で合わせる。

久留米大 0-5 福大

最後まで集中を切らさなかった福大が久留米大を圧倒。開幕戦を白星で飾った。

■九州大学リーグ1部第1節
久留米大学 0 (0-3,0-2) 5 福岡大学

得点者;
【福岡】 10梅田魁人(11分)、3下堂竜聖(15分)、15河面龍征(32分)、17梅木翼(46分)、30前田翔吾(85分)

日時: 2018年4月7日(土)
満足度: ★★★☆☆



福大は得点数だけなら前半の方が取っているが、内容は7井上投入の後半の方が締まりがあった。

福大の前線には走れる選手、競れる選手が揃ってはいるが、活性化していたのは7井上の出てた後半だった。

久留米大は前を向けない時間も多く、守勢に回る事が多かったが、しかし、前を向けるタイミングもあった中ですぐに横パスやバックパスも目立ったのは気になる。

相手は格上だけど、逃げの姿勢を見せたら持っていかれるから、劣勢の中でもチャンスをモノにするためには前への姿勢を出していればという所。

MOM: FW 7 井上 健太



後半に投入され、スピードを活かした突破や裏への抜け出しで前線を活性化。2アシストを記録。


























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター