NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs国分高校 【高円宮杯県トップリーグ2部】

高円宮杯県トップリーグ2部第3節は国分開催で地元・国分高校と対戦。

ちなみに第2節は先週行われ、U-18はクラ選のため代替日(未定)に行われる。

■出場メンバー
GK 25 有村 快斗 3年
DF 6 甲斐 裕也 2年
DF 3 シンヤ レノン 1年
DF 4 松本 徹平 2年
DF 7 吉岡 将輝 2年
MF 5 神野 亮太 2年
MF 14 寺岡 高誠 3年
→交代 HT 8 西山 明輝 2年
MF 18 鮫島 起也 3年
→交代 58分 22 石野 佑貴 2年
MF 10 野嶽 寛也(CAP) 3年
MF 20 モトムラ ユウト 1年
→交代 67分 13 橋野 拓海 3年
FW 9 元松 駿佑 2年
→交代 74分 19 三堂 楽斗 2年

■SUB
GK 1 山元 虹稀 3年
DF 2 吉崎 颯 3年
MF 16 前川 綺輝 2年
MF 23 日高 竜馬 2年
FW 17 河田 奨央 3年

---------元松---------
本村-----野嶽-----鮫島
-----寺岡----神野-----
吉岡--松本--新屋--甲斐
---------有村---------




U-18は開幕戦で鹿児島2ndに1-6と大敗している。

2部のレベルについていけないのか、戦えるのか、国分高校は昨年1部を戦っており、県リーグの常連。

ここで勝てるかどうかで今後、このリーグでやれるかどうかの試金石になりそうな一戦。

システムは先週のクラ選と同じ4-2-3-1で挑んだ。


■試合

開始早々に10野嶽のスルーパスを左サイドに流れていた18鮫島が抜け出し、GKもかわしてシュートを放つが、これはサイドネット。

幸先は良い。

しかし3分、DFラインでミスが生じピンチを招く。

このピンチはGK有村の好セーブで難を逃れるが、ここを止めるか・決められるかでその後の試合内容に影響をもたらした可能性もあっただけに、これはよく止めてくれた。

基本、ボールは支配出来ていた。

14分、7吉岡がオーバーラップから中へ送り、1人スルーからファーサイドの18鮫島がシュート。これは枠の外。

この7吉岡までの展開、7吉岡の攻撃参加、そこから中の枚数が足りている、非常に良い攻撃だと思う。

21分、7吉岡の縦パスをバックラインの裏に抜け出した9元松が飛び出したGKより先に触り、これがループシュートのような形になってゴールに吸い込まれる。

国分 0-1 U-18

31分、ボランチの5神野がペナルティエリア内に侵入。倒されてPKを獲得。

しかし、そのPKはGKにセーブされてしまう。

追加点が欲しかったところだが、34分、5神野のパスに抜け出した9元松が中へ送り、10野嶽のシュートが決まって2-0とする。

国分 0-2 U-18

しかし、その1分後の35分にコーナーキックからファーサイドで合わせれて失点を喫す。

国分 1-2 U-18

2点差は危険なスコアとは言うが、それはマネジメント次第。

ここで追加点を取って再び2点差に出来るか、追いつかれてしまうのか。

38分、前線でキープした10野嶽がGKをかわしてシュートを決めて再び2点差とする。

国分 1-3 U-18

2点差で前半を終える。

ボールは支配していたし、ただ回すだけでなく、相手も動かせていたので、2点差は危険なスコアではなかった。

最初のミスでピンチを招いたシーンはともかく、DFリーダー不在で相手の攻撃の際に「DFラインを統率するコーチングを誰がするのか」という部分が出来ていないのは気になる所。

一守備者として1対1の守備やカバーリング等は問題ないのだろうけど、組織で守るという部分はまだまだな所はある。

後半、1人選手交代。
14寺岡→8西山明輝。
布陣がこう変わる。

---------元松---------
西山-----本村-----鮫島
-----神野----野嶽-----
吉岡--松本--新屋--甲斐
---------有村---------

8西山明輝は積極性のある仕掛けで前線を活性化できるアタッカー。

縦横無尽に動き回り、ドリブルで仕掛けてシュートを放ち、良いアクセントになっていた。

後半はもうほぼ一方的に攻め立て、多くの決定機を作った。

シュート数は前半も多かったが、"決定機"の数は後半が上回る。

51分、8西山がドリブルで中へ切れ込み、5神野が落とし、9元松のシュートは枠の外。

52分、8西山がドリブルで切り込んでシュートを放つがGKのセーブに阻まれる。

53分、9元松が右サイドの裏へ抜け出しマイナス。6甲斐のシュートはGKがセーブ。

58分、2人目の交代。
18鮫島→22石野佑貴。そのまま右サイドに入る。

61分には右サイドからコーナーキック。5神野がフリー合わすが、これもGKにセーブされる。

63分、右サイドで22石野がクロスを送り、9元松が触るがGKに処理される。

67分、3人目の交代。
20本村→13橋野拓海。そのままトップ下に入る。

68分、今度は国分高校の攻撃。
パスカットしてカウンター。右へ展開してからのシュートはGK有村がセーブ。

上記した守備面の不安がここで出てきた。

イケイケの状態で挑んでた後半は、ボランチの所で攻撃を止める機会多かったが、「そこを抜かれてしまったらどうなるか」という部分でやはり、「DFラインを統率を誰がするのか」という部分が浮き彫りになる。

73分、10野嶽のミドルシュートはGKにセーブされる。

74分、4人目の交代。
9元松→19三堂楽斗。
布陣がこう変わる。

---------西山---------
三堂-----橋野-----石野
-----神野----野嶽-----
吉岡--松本--新屋--甲斐
---------有村---------

76分、国分高校はカウンター。
右サイドから左へ展開し、シュートを放つが枠の外。

77分、8西山がドリブル突破からシュートを放つも、またまたGKにセーブされる。

78分、7吉岡のクロスをファーで22石野が受け、1人かわしてシュートを放つがセーブされる。

81分、10野嶽が右サイドから深く抉り中へ、ファーで19三堂が押し込んで"ようやく"追加点。

国分 1-4 U-18

82分、4松本のフィードを受けた22石野が持ち込みシュートを放つがこれまたセーブされる。

国分高校のGK、よく止めるよホントに。

85分、19三堂が左サイドから中へ。7吉岡のシュートがバー直撃。

跳ね返りが入ったと思ったのか、誰も詰めない。これは頂けない。

試合は4-1で勝利。2部初勝利を挙げた。

■高円宮杯鹿児島県トップリーグ2部第3節
国分高校 1 (1-2,0-2) 4 鹿児島ユナイテッドFC U-18

得点者;
【U-18】 9元松駿佑(21分)、10野嶽寛也(34分、38分)、19三堂楽斗(81分)
【国分】 35分

日時: 2018年4月22日(日)
会場: 国分運動公園多目的広場
満足度: ★★★☆☆



多くの決定機を作ったので、決めるべきシーンは多々あった。

それを決めれなかったのは課題ではあるが、国分高校のGKもよく頑張っていたし、そういった要素が重なって入らない試合はある。

攻撃の形は作れていた事、しっかりと勝点3を得たのは○。

とりあえずリーグ戦初勝利を飾れて良かった。

MOM: MF 10 野嶽 寛也



2ゴール1アシスト。ボランチにポジションを下げた後半は、ボール奪取とキープ力で攻撃を巧みに操った。





















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター