NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

熊本県教員蹴友団×J.FC MIYAZAKI 【九州リーグ】

今日は水俣にて九州リーグ。

熊本県教員蹴友団×J.FC MIYAZAKIの一戦。水俣は下道で2時間くらいの距離なので行ってきた。

J.FC MIYAZAKIは宮日旗の2回戦で観て可能性の感じるサッカーをしていた。

しかし、リーグ戦では沖縄SVに大敗したり、宮日旗の準決勝では良くなかったという話を聞く。

熊教は勝点7で2位という事で、ここも興味を引いた一戦。

■熊本県教員蹴友団
▼出場メンバー
GK 1 宮本 朋輝 熊本大学
DF 11 小野 耕平 東稜高校
DF 7 上園 拓也 サウルコス福井
DF 8 鈴木田 一喜(CAP) ヴァンクール熊本
DF 25 有江 一矢 熊本大学
DF 16 日元 大貴 国際武道大学
→交代 27分 35 長浦 卓也 熊本大学
MF 14 塩田 涼 熊本大学
MF 13 大塚 寛史 佐賀大学
MF 9 志水 貴彦 熊本大学
MF 17 堤 隆裕 アルテリーヴォ和歌山
FW 10 大塚 翔太 水戸ホーリーホック

▼SUB
DF 22 大迫 祐成 四国学院大学
DF 27 永田 一真 横浜GSFCコブラ
FW 5 青木 太 熊本大学

----------大塚翔---------
-堤----志水---大塚寛--塩田
日元-有江-鈴木田-上園-小野
-----------宮本-----------




熊教は5-4-1。最初は3-4-3かと思ったが、両サイドが上がってこない。

守備から入るという事か。

■J.FC MIYAZAKI
▼出場メンバー
GK 1 渡邊 敬人 埼玉工業大学
DF 17 徳重 翔大 MSU F.C
DF 3 チェ・ボンウォン■42分
DF 4 キム・ミンギ■53分 ハンラ大学校
DF 15 本玉 林平 エベイユFC
→交代 89分 23 小松 峻輔 Chukyo univ.FC
MF 10 佐野 裕哉(CAP) FCマルヤス岡崎
MF 6 橘木 勇弥 佐賀大学
MF 18 大槻 佳記 FKルダル・プリェヴリェ
→交代 68分 19 小笠原 賢聖 Y.S.C.C横浜
MF 8 高橋 健哉 早稲田ユナイテッド
→交代 79分 7 高瀬 廉 福岡大学
FW 34 黒津 勝■29分 ガイナーレ鳥取
→交代 90+1分 2 重富 朝登 延岡市SC
FW 20 渡邊 正嗣 テゲバジャーロ宮崎
→交代 79分 11 無津呂 武瑠 九州産業大学

▼SUB
GK 35 橋本 辰哉 ブリオベッカ浦安
MF 33 勇 碧 Palmense

----渡邊正---黒津----
高橋-----大槻----橘木
---------佐野---------
本玉--キム--チェ--徳重
--------渡邊敬--------




開始時は10佐野の1ボランチで18大槻がトップ下にいた。

佐賀大で観た時にボランチで出ていた6橘木を右サイドで起用したりと、この配置の意味するものとは...。


■試合

10佐野を起点としてボールを動かすJFCに対し、人数をかけて守る熊教という構図。

ボールを持てるので、JFCは細かいパスからサイドを大きく使った展開を見せたりと、組み立てのバリエーションは多い。

ただ、FWに良い形で収まらず、仮に収まってもそこからの連携に難あり。

以前観た時は、トップが潰れた所にトップ下18大槻が拾ってチャンスを作っていたのだが、この試合では、10佐野がフリーマンとして動く事で、右サイドの6橘木が中央にポジションを移し、18大槻も10佐野が動く事で出来たスペースのカバーに奔走して中盤からの厚みがない。

サイドでは8高橋の仕掛け等は見られるものの、2トップが仕事をさせてもらえない事に尽きる。

シュートは何本か打ってはいたが、決定機と呼べるのは1本のみ。

15分に縦パスに抜け出した20渡邊正がGKとの1対1をセーブされたシーンのみ。

一方、熊教は前線の10大塚翔に預けてという所。

前線で張らずに0トップのような形になる。

マイボールを10大塚翔に預けて繋いで展開しようとするも、JFCの寄せも良く、なかなか前線でタメを作るのが難しい。

27分、熊教はアクシデント。16日元が負傷し、35長浦を投入する。

43分、熊教は左サイドで受けた14塩田のシュートが決まり先制。

少ないチャンスをモノにして前半を終える。

後半、JFCは18大槻を右サイドハーフ、6橘木をボランチにポジションを変える。

ギアの上がったJFCは左サイドで8高橋のドリブル、右サイドの徳重のオーバーラップが増え、熊教はより耐える時間に。

61分、JFCは熊教のクリアがゴール前にいた20渡邊正の下へ。20渡邊正のシュートに対し、18大槻が押し込んで同点に。

20渡邊正はオフサイドポジションにいたが、ボールの供給元が熊教のクリアミスによるものだったのでオフサイドを取らなかったのだと思われる。

おそらく、18大槻が触れなくても入ってはいただろうが、しっかりと詰めたのは◎。

同点になった事でほぼハーフコートサッカーとなってしまう。

熊教は蹴るだけになり、競り合いになると180オーバーのJFCセンターバック陣に弾き返される。

68分、JFCは18大槻に代えて19小笠原を投入。前線の活性化を図る。

73分、15本玉が左サイドからクロス。中で受けた19小笠原がダイレクトで合わすが、これは当たり損ね。ただ、このワンクッションが良いフェイントになり、フリーの状態でシュートが打てた事で、決勝点に結びついた。

79分、JFCは2枚代え。
8高橋→7高瀬廉、20渡邊正→11無津呂武瑠。

布陣がこう変わる。

---------黒津---------
小笠原---高瀬---無津呂
-----橘木----佐野-----
本玉--キム--チェ--徳重
--------渡邊敬--------

JFCはバックラインやボランチの所ではしっかりとビルドアップはするも、サイドでボールを受けた時にドリブルでの仕掛けは目立つ一方、コンビネーションが確立されていない。

カットインするのなら、前線とより連携を深められればという所だったが、どうも個人への依存が強い気がした。

終盤になると、89分にまず15本玉に代えて23小松峻輔を投入し、アディショナルタイムには34黒津に代えて2重富朝登を投入。

JFCの最終布陣がこう。

----------高瀬---------
小笠原-橘木--佐野-無津呂
小松-重富-キム-チェ-徳重
---------渡邊敬--------

1点を追う熊教は比重がやや前になるが、10大塚翔に預けるだけでそこから追い越す動きが欲しい。

結局、最後に5バックにして守りを固めたJFCが逃げ切った。

■九州リーグ第4節
熊本県教員蹴友団 1 (1-0,0-2) 2 J.FC MIYAZAKI

得点者;
【熊本】 14塩田涼(43分)
【宮崎】 18大槻佳記(61分)、19小笠原賢聖(73分)

日時: 2018年4月29日(日)
会場: エコパーク水俣
満足度: ★★★☆☆



JFCのサッカーは悪いとは思わないが、いかんせんFW陣が仕事をしない。

前線で効果的なタメや動き出しがなく、中盤との連携も弱い。

そこでFWが仕事を出来ればもっと楽に勝てたようにも思う。

一方、熊教は前半まではプラン通りだったかもしれないが、ボールを回される事で足を奪われた。

そうなると耐えるのは難しい。

だからこそ、JFCはフィニッシュの精度を詰めないといけなかったのだが。

MOM: GK 1 宮本 朋輝 熊本県教員蹴友団



2失点し、チームも敗れてしまったが、我慢の時間が多い中でミスらしいミスもなく、安定していた。
































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター