NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

大学サッカー部の社会人リーグ参戦の是非

ふとJFL公式を見たら、流経大ドラゴンズがブービーだった。

学生チームは年度が変われば強さも変わるので仕方のない部分でもあるし、意図的になのか、今年のドラゴンズは4年生がいない。

試合を観ていないので、この辺に関しては多くを語れないが、個人的な願望として、ドラゴンズには今後ともJFLに定着して欲しいと思っている。

以前、Twitterのタイムラインに大学の社会人リーグ参戦に警報を鳴らすツィートを見かけたのだが、その内容を要約すると、

社会人リーグに大学チームが参戦し、学生チームだらけになったら卒業後の彼らの受け皿も無くなり、ブーメランとして返ってくる。

なので、学生チームが社会人リーグに参戦するには、昇格に対し規制を設けるべき。

と。

ただ、個人的にはそれは悲観していない。

なぜなら学生だらけの社会人リーグになっていないからである。

それに、社会人リーグに参戦している大学チームは所謂サテライトチームである。

部員全員に出場機会を与える努力をしている大学サッカーにおいて、社会人リーグ参戦もその一環だと思うし、社会人リーグに参戦出来る程の大所帯の大学は、選手に実戦経験を積ませる事での個人のレベルアップ、チームとしての底上げを狙っているだろうから、昇格に規制(※例:都道府県リーグまで等)を設けたら社会人リーグに参戦するメリットはなくなる。

また、大学がJFLを経験する事で、トップチームのレギュラーでなくとも、JFLクラスのチームで即戦力になりうる選手も出てくる。

今年ヴェルスパ大分に加入した西岡、ヴァンラーレ八戸に加入した貫名はドラゴンズを主戦場にしていた選手。

そういった側面もあるし、そもそも勝負の世界なのだから、社会人チームが大学の社会人チームを実力でねじ伏せればいいだけの話。

と思うわけです。

以前は大学リーグとJFLの2重登録がOKだったから、大学リーグのスケジュールの合間に流経大が主力をJFLに送り込んだ時もあったけど、多くの選手が卒業後もサッカー選手としてやっていく大学のベストメンバーとやれる機会はJFLにとっては貴重な経験にも思えるので、それはそれで面白かったんだけどね。

不公平という意見もあるけど、勝負の世界だから実力でねじ伏せろとやっぱり思うわけです。

個人的には福大が社会人リーグに参戦したら面白そうとは思うけど、しないのは何かしら理由があるのでしょう。

以上、ただの戯言でした。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター