NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs鹿児島中央高校 【高円宮杯県トップリーグ2部】

10/7(日)に開催されたトップリーグの試合について。

公式戦は9/16の国分高校戦以来。13節が日程未消化で14節が台風で延期となった。来週にはJユースカップが控えるので、1ヶ月公式戦から遠ざかってJユースカップに挑む事態は避けられたので良かった。

シーズンも佳境を迎え、1部昇格、悲願の全国1勝、3年生はその後の進路の事もあるし、一戦一戦をより大事に戦いたいところ。

■出場メンバー
GK 1 山元 虹稀 3年 F.Cuore
→交代 HT 12 浅野 太郎 2年 セレッソ大阪U-15(大阪)
DF 6 甲斐 裕也 2年 FCアラーラ鹿児島U-15
DF 3 李 先庸 3年 バンイFC(韓国)
DF 5 神野 亮太 2年 KSC U-15
DF 7 吉岡 将輝 2年 U-15鹿児島
MF 10 野嶽 寛也(CAP) 3年 紫原中
MF 20 三堂 楽斗 2年 FC JUVENTUDE
→交代 58分 19 石野 佑貴 2年 U-15日置
MF 17 大竹 悠策 3年 U-15日置
→交代 71分 4 松本 徹平 2年 太陽SC
MF 18 橋野 千尋 1年 U-15鹿児島
→交代 63分 13 橋野 拓海 3年 FC JUVENTUDE
MF 11 長濱 夢希 2年 和田中
→交代 86分 23 日高 竜馬 2年 U-15鹿児島
FW 9 元松 駿佑 2年 U-15鹿児島

■SUB
DF 16 前川 綺輝 2年 U-15鹿児島
MF 8 西山 明輝 2年 エスペランサ熊本(熊本)
MF 14 寺岡 高誠 3年 神村学園中等部
MF 24 鈴木 優太 1年 東野中(熊本)

---------元松---------
長濱-橋野千-大竹--三堂
---------野嶽---------
吉岡--神野--先庸--甲斐
---------山元---------




中央高校用の布陣なのか、Jユースカップを意識した布陣なのかは気になるが、試合の入りが良く、ボールも人もよく動く。

攻守の切り替えが速いので、奪われた後のプレス、抜かれた後のカバーリングもしっかりしている。

中央高校はシンプルに前線に入れてくる。前線の選手は長身ではなく、競り合いになるとU-18のセンターバック陣が有利ではあったが、ボールの落下点には先に入り、競り合いの過程でU-18センターバック陣が十分に弾けないようにしていた。

サイズで勝るU-18センターバック陣はボールに触る事は出来るも、弾くのが不十分だったので、セカンドボールを拾われたり、相手がボールを収めた時に裏を突かれるリスクは感じる。

立ち上がりはそこの部分でのチャレンジ&カバーはしっかり出来ていたので、やられる事はなかったが、警戒を解いてはいけないシチュエーションではあった。

攻撃に関しては10野嶽が低い位置で散らしつつ、両サイドバックの縦への推進力を使う。

12分、左サイド、7吉岡がオーバーラップで深い位置まで運びクロス。これを9元松が頭で合わせて先制する。

中央 0-1 U-18

早い時間帯に先制出来た事で勢いを増し、攻勢に出る。

しかし、ボールを支配する割にはシュートが少ない。

細かく繋いでバイタルエリアで崩すトライを続けた結果としてシュートを打つ前に防がれる事が多い。

継続出来れば追加点が取れるのも時間の問題かとは思ったが、なかなかその通りにはならない。

30分には相手にフリーキックを与え、これがバー直撃。

41分には自陣でのパスミスをきっかけに被シュートを許す。

前半は1-0でリード。試合の入りが良く、Jユースカップへ向けて仕上げてきたように感じるものの、ミスも目立つようになっていた。

後半、GKを交代。
1山元虹稀→12浅野太郎。

最近、セレッソ大阪のユースから加入した12浅野を早速起用。

システムも4-1-4-1から4-2-3-1に変える。

---------元松---------
野嶽-----大竹-----三堂
------長濱--橋野千----
吉岡--神野--先庸--甲斐
---------浅野---------

最初の配置がこうだったというだけで、10野嶽、17大竹は状況に応じてポジションを入れ替えていた。

後半は50分、左サイドで受けた17大竹のシュートが決まり、早い段階で追加点が生まれる。

中央 0-2 U-18

53分には右サイドからのクロスをファーサイドで7吉岡がシュート。これはGKに防がれる。

57分、コーナーキックのセカンドボールを9元松がダイレクトで合わすが枠の外。

追加点が取れた事で動きも良くなる。

中央の攻撃は引き続き縦にシンプルに送る事がメインだったが、前半と違ったのは中央・左サイドを避けて右サイドの6甲斐の所を狙っていた点。

3先庸、5神野、7吉岡は身長180台。4バックの中でサイズが落ちる所を狙ったのだろうが、ただ、6甲斐はそこで負けない。身体をぶつけて相手を飛ばせない。そして、地上戦でのコンタクトプレーでボールを奪う。

GK浅野もコーチングが細かく、また、スイーパーとしてビルドアップにも混ざり、シンプルなプレーが必要な時はそこを分かってプレーしている。ここは流石、強豪ユースにいただけはあると感じさせる。

58分、2枚目の交代。
20三堂楽斗→19石野佑貴。そのまま右サイドに入る。

ゴールへの意欲が強い19石野が右サイドに入る事で、縦への推進力が上がる。スペースに侵入するのが上手い20三堂とは違うリズムで勝負する。

63分、3枚目の交代。
18橋野千尋→13橋野拓海。そのままボランチに入る。

70分、右サイドからのコーナーキックを3李先庸が頭で合わすがGKにセーブされる。

71分、4枚目の交代。
17大竹悠策→4松本徹平。布陣がこう変わる。

---------先庸---------
野嶽-----元松-----石野
------長濱--橋野拓----
吉岡--松本--神野--甲斐
---------浅野---------

3先庸をFWで起用。このタイミングで何故?とは思ったが、パワープレーが必要な時、そのターゲットをどうするか考えると、チーム内でも空中戦の強さに長けている3先庸という事になるのだろう。と考えると、試せる時に試しておくのも悪くはない。

尚、2列目に下がった9元松は10野嶽とポジションを入れ替えながらプレーする。

74分、右サイドへ大きく展開。中へ折り返し、10野嶽が合わせてシュートを放つもサイドネット。

79分、右サイドからのコーナーキックを9元松がニアで合わすが枠の外。

シュートで終わる攻撃も徐々に増えてきた。

81分には中央。GKからのロングフィードを競り合いの中で奪われ、右へ振られる。フリーでシュートを許すが、GK浅野がファインセーブ。

しかし、その直後のコーナーキックを合わされて失点してしまう。

中央 1-2 U-18

失点直後、U-18は9元松と10野嶽が細かいパス交換から右サイドに流れた10野嶽がシュート。GKにセーブされる。

85分、DFラインでミスが生じ、中央にショートカウンターを許す。GKと1対1の決定的なピンチではあったが、ここもGK浅野が防ぐ。

ここをやられていたら、この日の決定力では勝点3を逃していたかもしれない。

86分、最後の交代。
11長濱夢希→23日高竜馬。そのままボランチに入る。

試合終盤に1点リードの状況、ミスが重なり内容も五分の展開に持ってこられた。

「このリードを守り切る」という選択肢も必要な場面ではあったが、U-18は最後まで3点目を狙いに行く。

左サイドバックの7吉岡はかなり高い位置まで攻め上がり、攻撃に厚みを加える。この縦への推進力、気の強さがサイドバックにコンバートされた所以なのか。

状況が状況だけにリスクを考えて上がらないのがベターな状況ながら、リードを守り切って逃げ切るよりも、3点目を決めて突き放して勝つ方が高みを目指すうえでは必要というベンチの判断のようにも思えた。

追加点を奪う事は出来なかったが、最後まで攻撃の手を緩めず勝ち切った。

■高円宮杯鹿児島県トップリーグ2部第15節
鹿児島中央高校 1 (0-1,1-1) 2 鹿児島ユナイテッドFC U-18

得点者;
【中央】 83分
【U-18】 9元松駿佑(12分)、17大竹悠策(50分)

日時: 2018年10月7日(日)
会場: 桷志田サッカー競技場A
満足度: ★★★★☆



課題は多かったと思う。終盤はミスも重なり、危ない場面もあったし、無失点で切り抜けられなかった。

Jユースカップをピークと捉えた場合、内容はもっと仕上がっていないといけない時期だと思う。

けど、この試合は観てて面白かった。ワクワクした。

課題が多いというのは伸び代もあるという事。その課題を克服した時、このサッカーの完成形が見えたら、その時は面白いチームになる予感がする。

MOM: GK 12 浅野 太郎 鹿児島ユナイテッドFC U-18


チームとしてミスも増えた終盤、やられてもおかしくないピンチをファインセーブで防ぐ。そのセーブがなければ勝点3は取れなかったかもしれない。





















































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


相変わらずdisる事しか出来ない能無しが💢
【2018/10/08 10:54】 URL | 鹿児島のサッカーを憂う者 #- [ 編集]


別にdisってなくね?
【2018/10/08 19:28】 URL | 通りすがり #- [ 編集]


すごいね。トップチームが同じ時間に試合してるのにユースの試合見てたなんて。

今、昇格へ向けて大事な時期なのにね。

長野まで行けとは言わないけどさ、DAZN越しにトップチームを応援するとか出来なかったの?

ユースを軽視するつもりはないけどさ、今はトップチームの方が大事じゃないかい?
【2018/10/09 22:12】 URL | 名も名乗らぬ無礼者 #- [ 編集]


そのGKセレッソのアカデミーからなんでこんなところにきたんだ? むこうでは試合にでれなくて試合に出られると思ってわざわざここにきたのか?それとも育成するよりも目先の勝ちがほしくてチームが連れてきたのか?いずれにしてもなんか変やね
【2018/10/09 23:52】 URL | 名も名乗らぬ無礼者 #FmmDKKyg [ 編集]


↑の奴へ。
目先の勝利が欲しかったらもっと強引な手法で有力選手かき集めてるよ。
【2018/10/10 05:21】 URL | 名も名乗らぬ無礼者 #- [ 編集]


↑のワロへ
じゃあ今回はどんな手法だったの?強引な手法って何?
【2018/10/13 21:33】 URL | 名も名乗らぬ無礼者 #- [ 編集]


何故移籍したのかは分かりませんけどいいじゃないですか。ネットでああだこうだ騒いで彼に何かメリットが生まれますか?
心機一転新天地で頑張ろうとしてるんですから、野暮な詮索はやめて応援しましょうよ!
【2018/10/14 05:34】 URL | abc #- [ 編集]


強引な手法というのがよく分からないけど、3種から2種へチームが変わるときというのは3種のチームに断りを入れてからオファーするのが常識なの。
また、3種と2種を持ってる場合、鹿児島ではアミーゴス鹿児島、ユナイテッド、城西、神村が該当するんたけど、こういうチームの場合、有力選手がいてもオファーはしにくいものなのね。
でも、この暗黙の了解を無視してチームに話を通さずに直接選手に声掛けてして獲得する2種のチームがあるわけ。
あくまで暗黙の了解であってルール違反じゃないから後で本人が決めた事なんでと済まして引き抜きをするのよ。
ユナイテッドはアカデミーの基盤がまだ弱いと思うから暗黙の了解を無視した有力選手の引き抜きは出来ないと思うし、した場合は県内のチームから総スカン食らって自分のクビを絞めることになるからその強引な手法とやらはしてないと思うし、目先の勝ちのためにセレッソから引き抜いたなんて事はないと思うよ。
最近はJのユースから高体連に移籍する例もあるし、2種も移籍をする時代なんだよ。出番を求めて移籍する事が悪いとは思わないね。プロだって出番を求めて移籍する時は出れそうかどうか判断するだろうしさ。
JのユースなJリーガーを目指す子達が多いと思うのよ。だから試合に出れないからと諦めたくなくて移籍する事が悪いとは思わないな。
あと、abcさんの言う通り野暮な詮索は止めておこうよ。そんな事しても何の得にもならないよ。
【2018/10/14 12:32】 URL | 桜島大根 #- [ 編集]


最後の方誤字があった。

Jのユースは

ね。
【2018/10/14 12:36】 URL | 桜島大根 #- [ 編集]


通りすがりですがよこからスミマセン。引抜きはあると思いますよ。いまの鹿児島のアカデミーダイレクターはセレッソの元おえら方ですからね
【2018/10/14 13:26】 URL | あ #- [ 編集]


だから、引き抜きかあったかどうかも含めて野暮な詮索は止めましょうよ。今はユナイテッドユースの一員なんですから、応援するでいいじゃないですか。こんな不特定多数の人が見れる場所で一高校生の進路をああだこうだと語って何の意味があるんですか?
【2018/10/14 16:20】 URL | abc #- [ 編集]


高校生だからって移籍したことを詮索されるぐらいで気にするならそいつはどの道プロにはなれない。詮索するなとか言ってる奴甘やかし過ぎ。
【2018/10/15 20:44】 URL | 名も名乗らぬ無礼者 #- [ 編集]


言いたいことは桜島大根さんがコメントされているので、コメントを書くか迷ったのですが、「引き抜き」という点と「育成するよりも目先の勝ちがほしくてチームが連れてきた」というワードには引っかかっているので、その点についてコメントさせて頂きます。

現在、U-18は県リーグ2部を戦っていますが、1部昇格が濃厚なポジションにいます。

また、Jユースカップには出場していないようなので、移籍した時期的に登録が間に合わなかったのかもしれません。

目先の勝利のために連れてきたのであれば、Jユースカップに間に合う時期に移籍させていたと思うので、本人がコンタクトを取った可能性が高いと思われます。

トップリーグで1部昇格が微妙な位置であったり、Jユースカップに標準を合わせて加入していたのであれば、引き抜いた可能性もありますが、どれにも該当していませんしね。

あくまで憶測でしかなく、各コメントを書かれた方の内容が正解の可能性もありますが…。

あまり詮索するのは良くないと自分も思いますので、これ以上、彼の移籍に関するコメントは控えましょう。
【2018/10/16 18:27】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


ちょっと何言ってるか分からない
【2018/10/16 19:09】 URL | 名も名乗らぬ無礼者 #- [ 編集]


頑張ってるユナイテッドの方々に失礼だと思います。文句言うなら。名前を出して下さい。自分はアカデミーもトップも関係なく応援してるので、名前は出しません。
【2018/10/20 08:30】 URL | 名も名乗らぬ無礼者 #- [ 編集]


↑の人。

文句を言うなら名前を出せ。それはその通りだけど、あなたが名乗らないのは理由にならないと思うけど?

本名を晒す必要はないけど、せめてハンドルネームを書き込むのはマナーとして必要でわないかな?
【2018/10/20 21:03】 URL | 無銘の逸品 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター