NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

鹿児島城西高校×神村学園高等部 【プリンスリーグ九州】

プリンスリーグ九州は残り2節。この日は県勢同士の対戦となった。最下位が決まっている鹿児島城西と8位の神村学園との一戦。

高校総体、選手権で決勝戦を戦ったこのカードは前期に対戦した際には3-1で神村が勝利している。選手権決勝では7-3という大味な試合をした両者だが、そこから日も経っていない中での対戦となった。

■鹿児島城西高校
GK 1 戸田 哲平 2年 太陽SC国分
DF 25 濱田 康成 2年 太陽SC国分
→交代 2 小島 大誠 3年 鹿児島育英館中
DF 16 池田 真太朗 2年 鹿児島育英館中
DF 5 飯野 修司 2年 鹿児島育英館中
DF 3 柳元 悠平 3年 鹿児島育英館中
→交代 60分 12 永井 利政 1年 鹿児島育英館中
MF 14 北條 真汰 2年 RIP ACE FC
MF 10 鎌田 悠斗(CAP) 太陽SC国分
→交代 34分 8 濱﨑 海生 3年 大阪市SS
MF 23 赤谷 綾平 2年 太陽SC国分
→交代 HT 11 與那嶺 玲央 3年 Wウィング沖縄FC
MF 24 山縣 聖大 2年 太陽SC
MF 6 源河 航誠 3年 Wウィング沖縄FC
→交代 54分 15 桑原 滉 1年 F.Cuore
FW 20 上城 崇斗 3年 樋脇中

---------上城---------
源河-----山形-----赤谷
------鎌田--北條------
柳元--飯野--池田--濱田
---------戸田---------




■神村学園高等部
GK 1 坂ノ下 陸 3年 太陽SC
DF 8 軸丸 広大 2年 神村学園中
DF 3 隈元 聖也 3年 神村学園中
DF 5 島田 龍也 3年 神村学園中
DF 13 大森 大司 3年 太陽SC国分
MF 2 内村 倫 3年 神村学園中
→交代 HT 20 永吉 飛翔 1年 FCアラーラ鹿児島U-15
MF 14 深港 壮一郎(CAP) 3年 神村学園中
MF 12 濱屋 悠哉 2年 神村学園中
→交代 60分 11 則松 卓也 3年 神村学園中
MF 7 和田 駿斗 3年 神村学園中
→交代 80分 15 中村 太哉 3年 アランチャジョカトーレ
MF 10 大高 聖也 3年 伊仙中
→交代 54分 16 山野 卓人 3年 与論中
FW 9 新田 龍生 3年 太陽SC
→交代 67分 19 若松 勇斗 2年 神村学園中

---------新田---------
大高-----和田-----濱屋
------深港--内村------
大森--島田--隈元--軸丸
--------坂ノ下--------




城西と言えばパスサッカー。しかし、ここ何年かはそういうサッカーをしていない。

高校選手権で県勢が早期敗退を余儀なくされる昨今、皮肉にも上位に勝ち進む高校を見て、そこと比較した時に城西もそうだし神村もそうだが、繋ぐサッカーは出来ていないと感じて何年経っただろうか。

城西の中等部、育英館中のサッカーを観て、何故、中等部はそのサッカーが出来て高等部はそれが出来ないのだろう?と思う事もあった。

そんな城西だが、序盤からボールを大事にして繋ぐサッカーを展開する。GKからも長いボールは送らず、まず近くの味方に預けてビルドアップからサイドに展開。

序盤、ペースを掴んだ城西は15分、20上城の落としを14北條がミドルを放ち、17分にはコーナーキックのセカンドボールを拾い、左サイドからクロスを上げて20上城が頭で合わすがいずれも枠の外。

23分にもフリーキックをゴール前で23がGK坂ノ下より先に触るがこれも枠外。

一方、神村は25分、GK坂ノ下のロングフィードを右サイドで起点を作り、左へ展開。フリーで走り込んでいた10大高のシュートが決まり神村が先制。

城西 0-1 神村

神村は徐々にプレスを強めて城西のポゼッションを封じる。城西はDFラインで繋げても中盤からの縦パスを尽く取られるように。

陣形がコンパクトで深い位置で奪っても距離感が良いのでポジティブトランジションがスムーズ。

33分、神村は7和田のパスに飛び出した2内村がシュートを放つがセーブされる。が、37分、7和田が前線でタメを作り、左へ展開。2内村が走り込みシュート。これが決まって2-0とする。

城西 0-2 神村

この直前にボランチの2内村が攻撃参加して決定機を作っている。布石となるプレーはしていた。神村はそれを活かす形に。城西はこの一連の動きに気付いていただろうか?

一方、城西は39分に右サイドを深く抉りマイナス。ファーサイドで8濱﨑がシュートを放つも、GK坂ノ下が好セーブ。決定的だったがよく防いだ。城西も深く抉った事で神村守備陣がその動きに釣られてマイナスのパスが送りやすくなっていた。

神村は45分、ゴール中央やや左で受けた7和田のシュートが決まり3点目。

城西 0-3 神村

前半は神村が3-0でリード。ポゼッションを高めていた城西だったが神村のプレスにミスを重ね、流れを持って行かれる。

後半スタートからお互い1人ずつ交代。

引き続き神村のペースで試合が進む。

サイドで12濱屋のカットイン、前線で7和田や9新田のタメからサイドへ流れるようにパスが回る。

城西は効果的な縦パスが送れず、陣形が間延びして距離感が悪くなった事でボールの回りが悪くなる。

61分、神村は7和田が右サイドへ振り、11則松がクロスを送る。中で9新田がダイレクトで合わし4点目。

城西 0-4 神村

城西は64分に24山縣がミドルを狙うが苦し紛れ感が否めず。

71分には右サイドからのクロスをニアで合わすがこれはGK坂ノ下が好セーブ。城西は後半のシュートはこの2本しか印象がない。

神村のGK坂ノ下は危ない場面は少なかったが、決定機をしっかりとセーブした。

80分、神村は7和田が右サイドへ送り、フリーで走り込んだ11則松が決めて5点目。

89分には19若松のタメから20永吉が裏へ抜け出し、1対1の状況からしっかりと流し込んで6点目。

城西 0-6 神村

城西は過去に観た試合でもDFの背後のケアが甘く、この試合も後半になってそれが顕著になった。大量失点での敗戦が多いのもその部分が改善されていないからだと思わせる。

ベンチからもDFの選手に対する激が飛んでおり、この辺は重症なのだろうか…。

■プリンスリーグ九州第17節
鹿児島城西高校 0 (0-3,0-3) 6 神村学園高等部

得点者;
【神村】 10大高聖也(25分)、2内村倫(37分)、7和田駿斗(45分)、9新田龍生(61分)、11則松卓也(80分)、20永吉飛翔(89分)

日時: 2018年11月23日(金)
会場: 県立サッカー・ラグビー場Cコート
満足度: ★★★☆☆



この試合、神村がプレスを厳しくした事で城西は高い位置で勝負させて貰えなかった。コンパクトな陣形からポジティブトランジションが良く、前線でタメも出来てサイドからのカットイン、ボランチの飛び出しも冴えていた。

良い守備が出来ていたから切り替わった時に良い攻撃が出来ていた。パスに緩急もあり、良いサッカーだったと思う。

一方、城西も一時期は蹴るだけのサッカーになってしまっていたが、この試合ではボールを動かして打開しようという意図は感じ取れた。しかし、元々パスサッカーをしていたチームとは思えないほど精度に課題を残した。

プリンスリーグは来週に鹿児島集中開催でリーグ戦の全日程が終わる。神村はこの試合に勝ったことで7位に浮上。8位以上が確定した。残留が確定したわけではないが、たぶん大丈夫ではないかと。

MOM: MF 和田 駿斗 神村学園高等部


自身でゴールを上げるだけでなく、前線で起点となり、5得点に絡む活躍。
































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター