NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

育英館中×FCアラーラ鹿児島 【写真で振り返るチェストリーグ】

5/3(金) チェストリーグ1部
鹿児島育英館中 4 (2-0,2-0) 0 FCアラーラ鹿児島

育英館中がボールを支配し、終始圧倒して全勝をキープ。

パスを回す際の緩急のつけ方、中・外の連携の良さが印象に残っている。センターバック2枚も堅い。

東市来でU-15鹿児島と対戦した時、あまり良くない印象を持ったが、この試合を観て、やはりあの時は良くなかったんだろうと感じさせる。あの時、この内容で試合されてたらもっとやられてた可能性もあったんだな。

アラーラはバックラインで回せても前に運ぶと効果的なプレーをさせてもらえなかった。ボールを動かしても相手を動かせないと攻撃のスイッチを入れるのは難しいよね。























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター