NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs松陽高校 【高円宮杯鹿児島県トップリーグ1部】

10/6のトップリーグ1部、松陽戦について少々。

■出場メンバー
GK 1 長尾 菖太郎 3年 アリーバFC(宮崎)
DF 20 徳留 尽 1年 U-15鹿児島
DF 4 田中 廉人 3年 U-15鹿児島
DF 3 松本 徹平(CAP) 3年 太陽SC
DF 5 日髙 竜馬 3年 U-15鹿児島
→交代 81分 14 本村 優斗 2年 U-15鹿児島
MF 6 甲斐 裕也 3年 FCアラーラ鹿児島
MF 11 長濵 夢希 3年 和田中
MF 2 前川 綺輝 3年 U-15鹿児島
→交代 70分 17 新屋 怜乃音 2年 KSC
MF 7 吉岡 将輝 3年 U-15鹿児島
→交代 84分 22 小水流 太陽 1年 U-15鹿児島
MF 13 三堂 楽斗 3年 FC JUVENTUDE
→交代 52分 18 李 世彬(イ・セビン) 3年 JinGeon FC(韓国)
FW 9 石野 佑貴 3年 U-15日置
→交代 88分 21 長濵 夢生 1年 和田中

■SUB
GK 12 吉村 耕一 1年 U-15鹿児島
DF 16 永留 蓮 2年 U-15鹿児島
MF 15 角 俊太朗 2年 U-15鹿児島

---------石野---------
三堂-----吉岡-----前川
------夢希--甲斐------
日髙--松本--田中--徳留
---------長尾---------




Jユースカップの激闘から1週間。あの試合で何を得たのか。この試合、そして残りのリーグ戦でチームはどう変わったか。まだ城西や出水中央、神村2nd、鹿実と前期勝てていない相手との対戦が残っているだけに、リーグ再開を良い形でスタートさせたい所。

試合が始まって、どうもピりっとしない。

ボールを動かして高い位置まで行けるけど、段階を踏んでテンポアップしないからゴール前で引っかかる。相手のディフェンスを崩し切らない。

松陽は序盤の展開を凌ぐと、シンプルに繋いでサイドを使う攻撃からFWまで繋いでシュートという攻撃を見せる。DFラインが手薄と判断すると、素早く前線に送るので、FWの選手がシュートまで持って行けたのだと思う。また、サイドへ振った時に中央に引き付けられているので、サイドがフリーで次の展開に行ける。

流れを掴まれると厄介だなと感じた。

U-18は選手の並びやシステムを中盤ダイヤモンドの4-4-2に変えてはみるものの、課題は高い位置でのテンポアップが出来ていない事なので、システムや選手の適正の問題ではない気がした。

41分先制。20徳留尽の縦パスを受けた9石野佑貴がドリブルで1人かわしてミドル。

U-18 1-0 松陽

前半は1-0でリード。ボールの動かし方は悪くないものの、何かが足りない。

後半、システムがこう変わる。

------三堂--石野------
甲斐--夢希--田中--吉岡
日髙--松本--徳留--前川
---------長尾---------

後半、松陽は左サイドを起点とした攻撃でコーナーキックを得ると、そのコーナーキックを合わせて同点にする。

U-18 1-1 松陽

52分、選手交代。
13三堂楽斗→18李世彬。そのままFWに入る。

61分、U-18は松陽のGKからのキックを7吉岡将輝がカット。9石野佑貴へ。9石野のシュートはGKがセーブ。

松陽は66分、左サイドからダイレクトで繋いでクロス。中でボレー。これは枠の外。

70分、2枚目の交代。
2前川綺輝→17新屋怜乃音。布陣がこう変わる。

------三堂--石野------
甲斐--夢希--田中--吉岡
日髙--新屋--松本--徳留
---------長尾---------

80分、U-18勝ち越し。4田中廉人の縦パスを9石野佑貴がダイレクトで落とし、7吉岡将輝のシュートが決まる。

U-18 2-1 松陽

81分、3枚目の交代。
5日髙竜馬→14本村優斗。布陣がこう変わる。

------石野--世彬------
本村--夢希--田中--吉岡
甲斐--新屋--松本--徳留
---------長尾---------

82分、松陽はバックラインでパスミス。それを拾った7吉岡将輝が中へ。受けた9石野佑貴のループが決まりダメ押し。

U-18 3-1 松陽

84分、4枚目の交代。
7吉岡将輝→22小水流太陽。そのまま右サイドハーフに。

88分、18李世彬が左へ展開。14本村優斗が抜け出してシュートもGKセーブ。

89分、最後の交代。
9石野佑貴→21長濵夢生。最終布陣がこう。

---------世彬---------
本村-----夢生---小水流
------夢希--田中------
甲斐--松本--新屋--徳留
---------長尾---------

終盤は相手のパスミスを拾って攻撃に繋げていたが、それは良い事なんだけど、自分達で主導権を握るという部分がまだまだ。

リーグ戦で言えば、中央戦やアミーゴス戦もそうだったけど、流れが良くない時間帯に失点しているのも気になる。これが上位相手だったら勝てたのか?という疑問が沸く。課題が解消しているように見えないんだよね。

■高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 鹿児島県トップリーグ1部第14節

鹿児島ユナイテッドFC U-18 3 (1-0,2-1) 1 松陽高校

得点;
【KUFC】 9石野佑貴(41分、82分)、7吉岡将輝(80分)
【松陽】 51分

日時: 2019年10月6日(日)
会場: 桷志田サッカー競技場B
満足度: ★★☆☆☆



MOM: FW 9 石野 佑貴 鹿児島ユナイテッドFC U-18



2ゴール1アシスト。内容があまり良くない試合で全得点に絡む。
























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター