NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs出水セントラル 【チェストリーグ2部西】

10/14はチェストリーグ最終戦を観に桷志田へ。

前日、育英館Bに勝利し、この日勝って残留を決めたいU-15日置の相手は出水セントラル。

出水セントラル戦は7月に開催予定だったが、悪天候で順延となっていた。U-15日置、直近の試合は内容も良く、連勝中ではあるが、40分ハーフの試合を日・月と連戦で行うのが気になるところ。

相手も同じ条件ならまだしも、日置は日曜に試合をし、出水セントラルは月曜のみ試合と条件が違う中での一戦。不利な状況ではあるが、残留の為にも負けられない。また、この試合で3年生は引退となる。

■出場メンバー
GK 1 樋之口 翼 3年
DF 8 下大迫 聖真 3年
DF 4 西 孝平■19分 3年
DF 5 小畠 伝人(CAP)
DF 3 新山 旺佑 3年
→交代 HT 14 鳥越 海里 2年
MF 2 西 亮汰 3年
→交代 50分 13 小松 絆 2年
MF 10 木場 海斗 3年
MF 6 丸野 夢心 3年
MF 7 三堂 晴琉 3年
FW 11 末弘 大貴 3年
FW 9 松下 星翔 3年

■SUB
GK 21 松﨑 理仁 2年
DF 12 松山 竜也 2年
DF 16 丸山 隼翔 2年
DF 20 瀬戸口 脩人 1年
MF 18 長﨑 大空 1年
MF 22 今村 聖羅 1年
FW 15 丸山 仁一朗 2年
FW 17 大場 愛香 2年

------松下--末弘------
三堂--丸野--木場--西亮
新山--小畠--西孝-下大迫
--------樋之口--------




9分、出水セントラルはフリーキックからゴール前に運ぶ。混戦の中、日置はシュートを打たれる事無く、何とかクリアをする。

立ち上がり、ボールに厳しく行く事は出来ているものの、連戦の影響か前日ほどタイトに行けていない。マイボールもクリアする展開が多く、繋ぐ事が出来ず、すぐに出水セントラルの攻撃を許す形に。

守備は粘り強く対応するも、攻撃時にシュートで終わる攻撃がなかなか出来ていない。サイドを使おうとすると中からのパスを引っかける事も多く、そこからカウンターを喰らう事も。

34分、自陣からのフリーキックを縦に送る。3新山旺佑がダイレクトで中へ。2西亮汰のシュートは枠の外。良い攻撃だった。

一方、出水セントラルはコーナーキックをフリーで合わすが、GK正面。

前半は一進一退。ただ、攻撃の精度が前日と比べて落ちる事と、攻撃から守備へ切り替わった時に頑張って戻れるけれど、そこを凌いで攻撃に変わった時に走り切れていない。守備は集中していたので、1点勝負になるかなと。日置はこの試合、よほどの格下でない限り、複数得点を奪うのは難しいように見えた。

後半、1人選手交代。
3新山旺佑→14鳥越海里。布陣がこうなる。

------松下--末弘------
鳥越--丸野--木場--西亮
三堂--小畠--西孝-下大迫
--------樋之口--------

後半開始1分、出水セントラルは左サイドから展開し、逆へ。右サイドでフリーの選手がシュートを打つが枠の外。

48分、クリアボールをダイレクトで打ったシュートはGK樋之口翼の正面。

後半立ち上がりから出水セントラルが攻め立て、日置は防戦一方になる。

50分、2人目の交代。
2西亮汰→13小松絆。布陣がこう変わる。

------松下--小松------
鳥越-----木場-----末弘
---------丸野---------
三堂--小畠--西孝-下大迫
--------樋之口--------

56分、出水セントラルは右サイドからスローイン。ゴール前に運ばれ、前に飛び出したGK樋之口翼の前でバックヘッドで反らしたボールがネットに吸い込まれる。先制。

出水セントラル 1-0 U-15日置

ここから、日置は足が止まり始め、サイドの攻防でも劣勢となり、セットプレーを与える時間が増えていく。

気持ちが折れたというよりもスタミナが切れた印象。もちろん、スタミナが切れる事で気持ちも折れる事に繋がるのだが、そして、そうなりそうな雰囲気はあった。それを監督の声で何とか踏みとどまっているように見えた。

10木場海斗へのチェックも厳しくなり、前線に良い形でボールが供給されない。

71分、日置はビッグチャンス。14鳥越海里が粘って右サイドの裏へ展開。11末弘大貴のシュートはポストに阻まれる。

78分、出水セントラルは右サイドからのクロスをニアで合わして追加点を奪う。

出水セントラル 2-0 U-15日置

更にアディショナルタイムにフリーキックから失点し、3点差となる。

アディショナルタイムの83分、日置は右サイドで繋いで最後は13小松絆がシュートを打つも枠の外。試合は0-3で敗れる。

■高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ 鹿児島県チェストリーグ2部西

出水セントラル 3 (0-0,3-0) 0 鹿児島ユナイテッドFC U-15日置
※40分ハーフ

得点;
【出水】 56分、78分、80+1分

日時: 2019年10月14日(月)
会場: 桷志田サッカー競技場A
満足度: ★★★☆☆



この段階で残留なのか降格なのか、勝点が近いチームの状況が分からなかったが、選手達の落胆ぶりを見ると、降格なのかなと。そして、後日、全結果がアップされ、8位で降格という事を知る。

7位の伊敷台中とは同じ勝点だったので、悔しさも大きいだろう。

しかし、最後の最後で良いチームに仕上げた。シーズン序盤は選手個々でもチームとしても脆く、自信なさげにプレーしているようにも見えた。そこから少しずつ成長し、自信もってプレー出来るようにもなっていた。

成長のスピードが緩やかだったので、クラ選や県ユースでは良い成績は収める事が出来なかったが、それでも最後に良いチームになった。

リーグ終盤、このチームをもっと観たいと思わせるサッカーをしていた。ここで終わるのが残念な気もするが、こればかりは仕方がない。3年生は高校生になってサッカーを続けるのなら、1、2年生はこの悔しさを糧にまずは新人戦を、それぞれ頑張って。












人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター