NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs F.Cuore 【九州U-15サッカー選手権 県代表決定戦】

10/19は桷志田にて九州U-15サッカー選手権の県代表決定戦を観戦。

この大会は、8チームによるトーナメントで優勝したチームは九州大会へ進み、九州大会の上位チームが高円宮杯の全国大会へ出場する。

九州リーグを優勝しているサガン鳥栖U-15は全国へストレートイン。詳しい数は忘れたが、残りの九州リーグ所属のチームと九州各県代表が九州大会を戦う。確か枠は3だったかな。

県代表決定戦の出場資格を持つチームは年によって違いがあり、今年は県1部リーグの上位4チームと、東西に分けた2部を優勝した2チーム、そして、大島地区・熊毛地区の離島勢の8チームで争う。ただ、熊毛地区代表が辞退したとの事で、1部5位のF.Cuoreが繰り上げ参戦をした。引き分けの場合は、延長・PKはなく、リーグ戦で上の順位のチームが勝ち上がるレギュレーションである。

鹿児島ユナイテッドFC U-15は1部リーグ4位で参戦。1部5位のF.Cuoreと対戦する事に。

F.Cuoreとは現チームになって3度対戦しており、3戦3勝ではあるが、自分が観た時ではあるけど、かなり強いチームだと認識している。最終的に5位で終えているとはいえ、序盤は勝点を積み重ねるのに苦労していた。しかし、新人戦の準決勝で対戦した時は負けてもおかしくない試合だったし、この試合や、ブログにアップしていない県ユース・育英館中戦等、クオリティの高い試合をしていた。

U-15鹿児島はリーグ戦3連敗で終え、状態が良くないのを引きずっている。今年負けなしの相手とはいえ、非常に嫌な予感のする試合だった。

■出場メンバー
GK 1 笹山 琉暢 3年
DF 2 山下 望空 3年
DF 4 坂本 一慎 3年
DF 3 喜多 龍斗 3年
→交代 57分 25 中村 琉雅 2年
DF 7 森田 友翔 3年
MF 13 佐藤 勇盛 3年
MF 6 笹嶺 理仁 3年
→交代 39分 15 禧久 雄真 2年
MF 5 今村 優和 3年
MF 10 武 星弥(CAP) 3年
MF 17 小園 隼磨 2年
→交代 HT 19 有島 那音 2年
FW 11 山内 勘暉 3年

■SUB
GK 12 山谷 壮良 2年
DF 24 薗田 尚大 2年
MF 14 田中 陽己良 2年
FW 9 山中 雄大 3年

---------山内---------
小園------武----今村優
------笹嶺--佐藤------
森田--喜多--坂本--山下
---------笹山---------




勝ちが絶対条件のF.Cuoreは序盤から縦に速い展開から主導権を握り、攻勢に出る。

前線に能力の高い選手がいて、サイドや中央で散らしつつ前線の選手を使ってくる。

守備では粘り強く対応するものの、思うきりの良いクオーレはセカンドボールの寄せ早く、遠目でも積極的に狙ってくる。

U-15鹿児島はバックラインで繋いでボランチ、サイドハーフと経由してもサイドバックが幅が取れない、厳密に言えば距離感が中で繋いでいる時のポジションが高すぎるのでサイドに展開すると相手DFにカットされてしまう。

また、全体的に動きが硬く、落ち着いて回す事が出来ない選手もいて流れが悪い。

16分、クオーレは左サイドからドリブルで仕掛けて中へ送る。そのボールは右サイドへ流れるが、それを拾って今度は右サイドを深くえぐって中へ。そのボールはGK笹山琉暢が弾き、セカンドボールもクリアするが、DFラインを慌てさせた精度の高い攻撃だった。

17分、コーナーキックを合わされるがこれはGK正面。

一方、23分、U-15鹿児島はコーナーキックから13佐藤勇盛が合わすが枠の外。

前半はスコアレス。

攻撃の精度はクオーレがやや上回っている印象だったが、ただ、彼らは勝つことが勝ち上がりの条件。引き分けではダメなので、焦りも感じる。おそらく、もう少しゴール前に運ぶ事を意識すれば崩せる回数は増えたようにも思えた。

後半、選手を1人代える。
17小園隼磨→19有島那音。布陣がこうなる。

---------有島---------
山内------武----今村優
------笹嶺--佐藤------
森田--喜多--坂本--山下
---------笹山---------

後半もセカンドボールの攻防では劣勢で守りの時間も多い。なので、攻守が切り替わった時に数的不利になりがち。

39分、2枚目の交代。
6笹嶺理仁→15禧久雄真。布陣がこう変わる。

------有島--禧久------
山内---武---佐藤-今村優
森田--喜多--坂本--山下
---------笹山---------

戦術上、変更が必要だからシステムを変えたというよりも、交代のカードを使う時に4-2-3-1を維持できない故の変更という印象だ。

このチームの試合全てを観てきたわけではないが、4-4-2よりも4-2-3-1の方が良い内容の試合が多いので、「ここで変えるかぁ」というのが率直な感想。

43分、左サイドでボールを持った19有島那音がアーリークロス。ファーサイドで15禧久雄真が頭で合わすが枠の外。これは良い攻撃だった。

46分にシステムを4-2-3-1に戻す。15禧久雄真を右サイドハーフに、右サイドハーフの5今村優和をトップ下へ。

52分、10武星弥が左サイドをドリブルで突破してシュートを放つも、DFがブロック。パスが上手く繋げていない展開の中、ドリブルでアクセントを加える。

57分、アクシデント。センターバックの3喜多龍斗が足を攣る(怪我?)。25中村琉雅を投入し、布陣がこう変わる。

---------有島---------
山内----今村優----禧久
-------武---中村琉----
森田--佐藤--坂本--山下
---------笹山---------

50分を過ぎたあたりからボールの廻り方が円滑になり、57分には11山内勘暉→5今村優和と繋いで19有島那音のシュートはGK正面。これも良い攻撃だったと思う。

しかし、その1分後、クオーレのカウンターを止めきれず、センターフォワードの14番の選手がドリブルで運び、左へ。フリーで走り込まれ、シュートを許す。これはサイドネットで助かる。肝を冷やした。

更に59分、クオーレはDFの背後を取る。GK笹山琉暢が前に飛び出してブロック。セカンドボールはクリアをして難を逃れる。

終盤に2本、ピンチを招くが何とか凌いで試合をスコアレスで終える。

午後に行われる準決勝にコマを進めた。

■KYFA 第31回九州U-15サッカー選手権 鹿児島県代表決定戦1回戦

F.Cuore 0 (0-0,0-0) 0 鹿児島ユナイテッドFC U-15
※30分ハーフ
※大会規定により、リーグ戦で上の順位だった鹿児島ユナイテッドFC U-15が準決勝に進出する。

日時: 2019年10月19日(土)
会場: 桷志田サッカー競技場A
満足度: ★★☆☆☆













人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター