NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs FCアラーラ鹿児島 【クラブユース新人戦】

12/15に開催された3種のクラブユース新人戦、午後に行われたU-15日置とアラーラの試合について。

GK 1 松﨑 理仁 2年
DF 7 丸山 仁一朗 2年
DF 4 瀬戸口 脩人 1年
DF 5 松山 竜也 2年
DF 16 鮫島 涼太 1年
MF 8 丸山 隼翔 2年
MF 10 鳥越 海里(CAP) 2年
MF 15 長﨑 大空 1年
MF 11 小松 絆 2年
FW 20 福島 七海斗 1年
FW 13 安部 祥太朗 1年
→交代 50分 14 今村 聖羅 1年

------安部--福島------
小松-----長崎-----鳥越
--------丸山隼--------
鮫島--松山-瀬戸口-丸山仁
---------松﨑---------




立ち上がり、アラーラがサイドを使った攻撃で主導権を握り、それに耐えつつもマイボールになったらしっかりと繋いで裏のスペースを狙う。

しつこくチェックへ行き、マイボールになったら丁寧に。精度としては改善の余地こそあれど、やれる事をやり切るという姿勢を感じさせる。

なかなかシュートまで行く機会を作らせて貰えなかったが、やれる事はやって前半をスコアレスで終える。

後半になると、アラーラが攻める時間が増え、被シュートも増えるが、その圧力に耐えながらもマイボールになると、サイドに預けて中へ送り、タメを作りつつ逆サイドへ展開する。

ボールを動かすという点では良い形は作れる。ただ、空いたらすぐにシュートを打つシーンが見られた。せっかく良い形で前に運べたのに、フィニッシュのところで焦って打っていたのは勿体ない。

シュートを打つ事は悪くないけれど、打つべきタイミングでない時に打てば精度も落ちる。闇雲に打てば良いものでもない。

60分、アラーラが先制する。

DFラインでボールを回していた時に、U-15日置が前からプレスをかけると、そのプレスをかわし、前線にフィード。DFラインの背後を取り、GKを引き付けて右へ。そこにフリーの選手が走り込んでおり、しっかりと押し込んだ。

日置 0-1 アラーラ

アディショナルタイム含めて残り2分くらいという時間。このゴールが決勝点となり、アラーラが勝利。

U-15日置は2次リーグを1勝2敗で終えた。このグループは3勝した太陽SCが準決勝に進出する。

U-15日置は1次リーグでチェステレラ鹿児島、太陽SC国分と、2次リーグでは太陽SC、モンスター霧島、アラーラと上のカテゴリーのチームと対戦し、通算2勝3敗。2年生が少ない世代ではあり、その中で現時点の戦力ではやれる事はやったと思うのでそこまで悲観はしていない。現場は違う見解だと思うけど。

伸び代は十分あると思うので、精度はまだ上げないといけないと思う一方でポジティブな印象をもった。

■九州クラブユースU-14新人大会 鹿児島県予選2次リーグ

鹿児島ユナイテッドFC日置 0 (0-0,0-1) 1 FCアラーラ鹿児島
※30分ハーフ

得点;
【ア】 60分

日時: 2019年12月15日(日)
会場: かぐや姫グラウンド




















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター