NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

鹿児島育英館中×F.Cuore 【チェストリーグ1部】

2/11に開催されたチェストリーグ1部の試合について少々。

鹿児島育英館中 2 (1-2,1-1) 3 F.Cuore

育英館中は昨年2位、F.Cuoreは昨年5位。

前半は育英館中がボールを支配し、高い位置まで運べるものの、F.Cuore守備陣の頑張りでシュートは少ない。

一方、F.Cuoreは守備の時間が長かった分、攻撃に切り替わった時にパスの受け手になるべき選手が良いポジションが取れず、シンプルに縦に入れる機会が多い。ただ、少ないチャンスをしっかりとモノにして2点を先取。

育英館は前半終了間際にコーナーキックを直接決めて1点返す。

後半になると、F.Cuoreは運動量が増えて攻守の切り替えが良くなる。それで縦への推進力も増し、位置的優位性を取れるようになった事でサイドの使い方も良くなり、攻撃に時間を費やせるようになった。良い流れになった時間帯で追加点を奪う。

育英館は前半こそ緩急をつけながら中・外を上手く使ってボールを回せたものの、ビハインドを負い、かつ後半立ち上がりに相手に流れを掴まれた事で、マイボールになった時にシンプルに縦を使うようになった。

緩急がなくなった事と良いポジションが取れなくなった事で選手が個人技まかせに打開しようとする等、ちょっと大味な内容になる。

高い位置へ運び、シュートも打ててたのは地力がある証拠だと思う一方、後半の内容は本来やりたいサッカーではないように映る。終盤に1点返すも、F.Cuoreが逃げ切る。

好ゲームでした。
























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター