NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs鶴丸高校 【トップリーグ3部上位】

8/2、U-18のB戦を観に武岡台高校Gへ。

暑い。とにかく暑い。

陰がない!!!!!!!!!

すっげー焼けました。

GK 21 笹山 琉暢 1年 U-15鹿児島
DF 27 外 悠平 1年 フェリシドFC
→交代 後半35分 3 森田 友翔 1年 U-15鹿児島
DF 19 森田 成■40+2分 2年 U-15鹿児島
DF 16 髙橋 陽 2年 皇徳寺中
DF 23 塚原 輝 2年 U-15日置
MF 31 大石 暖 1年 チェステレラ鹿児島
MF 18 吉村 怜雄 1年 FCアラーラ鹿児島
MF 24 小松 雄音 1年 セントラルFC宮崎
→交代 後半25分 17 外園 光雅 2年 U-15鹿児島
MF 28 行船 琉生(CAP) 3年 KSC
→交代 後半25分 7 木塲 暖太 2年 U-15日置
MF 36 長濵 夢生 2年 和田中
→交代 後半25分 11 山内 勘暉 1年 U-15鹿児島
FW 14 外園 星雅 2年 U-15鹿児島
→交代 後半35分 30 堀 海心 3年 FC頴娃

---------星雅---------
長濵-----行船-----小松
------吉村--大石------
塚原--髙橋-森田成--外
---------笹山---------




前半はボランチ2枚に対して鶴丸がプレスをかけていたので、前へつける事がなかなかできなかったが、センターバック2枚がサイドに散らして揺さぶっていた。

左サイドバックの23塚原輝はこの動きに対し、高い位置を取ることが出来、サイド攻撃が良かった。

また、横に揺さぶっていたので、時々トップが空き、センターバックからトップに縦パスが入ることも。

ただ、高い位置まで運べてもファイナルサードでの精度を欠き、シュートを打てないまま攻撃が終わっていた。

前半27分、左サイドの裏へ抜け出した28行船琉生のシュートが決まり先制。

鶴丸 0-1 ユナイテッド

前半38分、コーナーキックを16髙橋陽が頭で合わすも、これはGKが好セーブ。しかし、もう1度得たコーナーキック、18吉村怜雄が直接決める。

鶴丸 0-2 ユナイテッド

前半は2-0。

危ないシーンはほぼない。攻撃では組み立ては悪くないと感じるも、シュートが少ないのは課題に感じた。

それでもリードして終えたのは○。

後半になると、ボランチ2人が前を向いて受けれたので、中・外の連携が上がる。

ファイナルサードで崩せてシュートまでいけるシーンも増えた。

でも不思議なもので追加点が入らなかった。

守備面では中盤が間延びしていたが、サボらずに球際の部分を頑張っていたので、無失点で終えれた。

■高円宮杯 鹿児島県トップリーグ3部上位
鶴丸高校 0 (0-2,0-0) 2 鹿児島ユナイテッドFC U-18
※40分ハーフ

得点;
【ユナイテッド】 28行船琉生(前半27分)、18吉村怜雄(前半38分)

日時: 2020年8月2日(日)
会場: 武岡台高校

















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター