NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs鹿児島情報高校 【県トップリーグ3部上位】

9/27に開催されたトップリーグ3部上位の試合について。

■スタメン
GK 1 吉村 耕一 2年 U-15鹿児島
DF 17 髙橋 陽 2年 皇徳寺中
DF 3 新屋 怜乃音(CAP) 3年 KSC
DF 16 佐藤 勇盛 1年 U-15鹿児島
DF 5 徳留 尽 2年 U-15鹿児島
MF 8 角 俊太朗 3年 U-15鹿児島
MF 6 大石 暖 1年 チェステレラ鹿児島
MF 10 本村 優斗 3年 U-15鹿児島
MF 14 行船 琉生 3年 KSC
FW 18 川原 大夢 1年 フェリシドFC
FW 13 小松 雄音 1年 セントラルFC宮崎

■交代
【後半25分】
10本村 → 20 長濵 夢生 2年 和田中
14行船 → 19 山内 勘暉 1年 U-15鹿児島
【後半34分】
13小松 → 11 堀 海心 3年 FC頴娃

------小松--川原------
行船--大石---角---本村
徳留--佐藤--新屋--髙橋
---------吉村---------



情報はAチームでユナイテッドはBチーム。苦戦は必至だとは思っていたが…。

情報は運ぶドリブルで空いているスペースへ行き、ユナイテッドがその動きに釣られると、サイドに展開をする。

位置的優位性を作る事でサイドでの攻防は劣勢に。

前半5分、10分と立て続けに失点するが、球際も弱いし、前から奪いに行かずに受け身になっていたので、失点も止む無し。

前半25分、8角俊太朗がドリブルで中央を抜け出し、GKと1対1へ。シュートはGKに弾かれるが、こぼれを拾った10本村優斗がドリブルでGKを剥がして押し込んで1点返す。

これで流れを掴めば良かったのだが、情報はペナルティエリア付近でミドルを放ち引き離す。

後半になると、運動量を上げて高い位置からプレスを厳しくする。

良いボールの奪い方をして、敵陣でのプレーが増えてきた。

奪って縦に速く展開し、前線でタメを作る。ここで情報のDF陣が中に意識が行っていたので、大外へ走り込む選手がいたら良かったのだが。

攻撃の精度、厳密には奪って展開する動きが出来ていた。そこはポジティブな部分。奪い方が良かったので、守備の負担も減って後半に危ない場面はなかった。

でも試合には負けた。前半に先手を許し、後半に決めきれなかった。

フィニッシュの組み立ては課題こそ残るが、前半悪くて後半に修正する展開はこの試合以外でも観た事があるので、修正する力はあるのだと思う。

ただ、Aの松陽戦もそうだったけど、後半に修正出来た部分はあっても、流れが悪い前半に先手を許しているし、そこから追いつけていない。

ハードワークして高い位置で奪う事で、後ろでの展開を減らす事がカギになるのかな。

■鹿児島県トップリーグ3部上位

鹿児島情報高校 3 (3-1、0-0)1 鹿児島ユナイテッドFC U-18 B
※40分ハーフ

得点;
【情報】 前半5分、前半10分、前半26分
【ユナイテッド】 10本村優斗(前半25分)

日時: 2020年9月27日(日)
会場: 鹿児島高校犬迫グラウンド































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター