NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

セレクションの様子

ヴォルカのセレクションを観に、伊集院総合運動公園サッカー場へ行ってきました。



セレクション参加者は4名(うち2人はGK)。数の少なさにはカッグシきたものの、大事なのは量より質。それに、加入選手はセレクションだけではなく、1人練習生もいたので、他にも補強はあると思う。

セレクションはヴォルカとセレクション参加選手をミックスさせたメンバーvs鹿大の45分2本のゲーム形式でスコアは2-0でヴォルカ+セレ組の勝ちだった。




セレクション参加選手の実力の査定は勿論の事、個人的にはヴォルカがどのようなゲーム運びをするのかに注目して観ていた。

ヴォルカもメンバーを少しいじっていて、片方のサイドバックが高い位置を取り、実質3バックに近い状態にしてサイドの位置を高くしてサイドからの崩しを狙っていた。

ところが、ボールは回せてサイドへ展開してもそこでのクロスの精度を欠いた。また、クロスの意識が高く、例えば足を持ちかえて角度はなくともシュートを選択するとかしてみれば面白かったかもしれない。

1本目のゴールはCKからの強烈なボレーシュート。決めたのは飯森選手だったと思う。

流れを見ていると、やはり栗山選手がボールを受ける位置が低く、そこから突破を図ろうにも囲まれるというシーンは少なくなかった。そこは、中盤がうまく押し上げてサポート体制をよりよくしてもらいたい部分でもある。



2本目には永岩選手・小林選手を投入し、右サイドからの突破&コンビネーションが目立ち、ゴール前での攻防は増える。ただ、やっぱりシュートへの意識はもっと欲しい。




セレクション参加組で印象に残ったのは1本目に出たGKとMFでプレーした選手。2人とも某地域リーグクラブ出身の選手だったが、GKの選手は声が良く通り、常にコーチングを絶やさなかった。GKとしては細身で小柄な部類に入るが、某九州大学1部で正GKだった経験もあり、能力的には悪くない。

MFの選手もセレクション組とは思えないほどフィットしていた。球際の激しさもあり、時にそれがファウルになることもあったが、加入してほしいと感じた選手だった。



ゲームは、終盤に永岩選手が2点目を決めたのだが、このシーンのようにサイドプレーヤーが中へ侵入してシュートを打つシーンをより増やしていけばゴール欠乏症には陥ることはないと思う。

セレクションは45分ハーフのゲーム終了後、シュートゲーム(短いコートでのミニゲーム)を数本して終了。

尚、来週はTRMの予定は入っているようだが、対戦相手・会場といった面はまだ未定とのこと。新たな練習生が来ているといいが。



v-net.com
ヴォルカ鹿児島人気投票2011最終結果

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター