NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

ホンダロック vs アルテ高崎 [JFL]

簡単に。

序盤はホンダロックの攻撃時間が長く、良い形の攻めも見られたが、気がつけばアルテ高崎のペースとなっていた。

アルテは特にずば抜けた選手がいるというわけではなかったが、組織的にまとまった好チームだった。守備も攻撃もプレー1つ1つが丁寧。

双方のシュート数自体は多かったと思うが、精度に関しては威力のある良いシュートは枠を捉えず、威力の弱いシュートはGK正面に飛ぶことが多かった。しかし、シュートで終わるということは、攻撃の形としては悪くはない。

失点しないことを前提としているスタイルの中で、多くの人数を守備に割く中では、精一杯の攻撃を仕掛けたようにも思えた。

気になる点としては、DF陣のイージーミスも少なくなかったこと。自陣でボールを持ったときのもたつきからピンチになりかけたシーンもあったので、この辺は注意してもらいたい。


得点の入り方は劇的だったな。

終盤になり運動量も落ちてくる中で、このままスコアレスで終わるかもと思われた後半40分に待望の先制点が生まれた。

流れの中から得点の予感がするプレーが皆無な中で、セットプレーから空中戦に強い水永が決めた。後半途中に退いた熊元も含め、空中戦に強い選手も増えてきているので、セットプレーのパターンを増やしてみるのも良いかもしれない。

守備的なスタイルなので攻撃がどうしても落ちてしまうし、今後貴重な得点源になるだろう。



Self-satisfaction.net

鹿児島県サッカー選手辞典

掲示板(ブログの記事と関係のない内容のコメントは掲示板へお願いします)


ランキングに参加中! クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター