NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

退団選手 4.DF 山口直大

4.DF 山口 直大(ヤマグチ ナオタ)
【生年月日】1983年8月31日
【身長/体重】172cm/64kg
【出身】埼玉県 
【加入年】2012年
【サッカー歴】 浦和高校東京学芸大学ザスパ草津チャレンジャーズチームファジアーノ岡山ファジアーノ岡山ネクストアンソメット岩手・八幡平ファジアーノ岡山ネクスト福島ユナイテッドジェフ・リザーブズ

【ヴォルカでの出場記録】
2012年 7試合(リーグ戦5試合)

解散したジェフ・リザーブズより加入。初めて観たのはジュビロとのトレーニングマッチの時で、リベロとしてプレー。冷静なプレーぶりが印象に残っており、その後のトレーニングマッチでもレギュラー候補と思わせる形での起用となった。

開幕戦の大分ラウンドでは2試合ともスタメンフル出場。決して目立つプレーをしたわけではないが、悪いプレーをした印象もなかったので引き続き使われるのだろうと思っていた。

しかし3節以降、スタメンからは外れ、時々サブに入る程度になる。怪我をしたわけでもなく、監督がお気に召さなかったからなのだろうけれど、いきなりサブにも入れないほど拙いプレーをしたわけでもなかった(個人的な印象)ので、意外に思われた采配だった。

皮肉にも、リベロに抜擢された純が良い動きをしたので、この采配が吉と出たのは本人にとっては不運だった。

島原での重工戦などで中盤で起用されていたので、中盤での起用も可能ではあったが、こちらの方も同じポジションに赤尾・飯森・須貝と駒は揃っており、また、KSLカップでは赤尾の負傷もあり、純をリベロからボランチで上げ、そこでDFラインを泉谷・洋介・本城とストッパータイプを3枚並べた布陣がFC戦で機能した事もあり、リベロとしてもボランチとしても序列が下がる形となってしまった。国体の規定によりKSLカップに出れなかったのも痛かったと思われる。

ヴォルカでは出番に恵まれなかったのはいくつか不運も重なっている印象を受けるが、ピッチに立てば冷静沈着なプレーでゲームを落ち着かせる事が出来る選手だった。プレー時間が少なかったのが本当に勿体ない。



v-net.com

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

■関連記事
新加入選手 4.DF 山口直大(2012.3.27)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター