NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

退団選手 36.DF 泉谷光紀

36.DF 泉谷 光紀(イズタニ ミツノリ)
【生年月日】 1983年6月27日
【身長/体重】 183cm/72kg
【出身】 大阪府
【加入年】 2010年
【サッカー歴】 堺東高校鹿屋体育大学愛媛FCカマタマーレ讃岐FC大阪

【ヴォルカでの出場記録】
2010年 4試合(リーグ戦3試合)
2011年 22試合1得点(14試合1得点)
2012年 21試合3得点(14試合2得点)

2010年の途中に加入。鹿屋体大のOBが加入するのは久しぶりだった。

長身CBであったが、空中戦だけでなく、冷静な読みでドリブルで勝負してくる選手にも強かった。

この選手を語る上で外せないのはやはり、2011年のリーグ第6節・九州総合スポーツカレッジ(KSSC)戦と2012年のリーグ第2節・MSU.FC戦の2試合だろう。特にKSSC戦は劇的だった。

先制するも前半に退場者を出し、後半になると相手ペースとなり同点ゴールを許す苦しい展開。このままPK突入かと思われたアディショナルタイムにコーナーキックから起死回生の決勝点を叩き込んだ。入った瞬間はとにかく興奮していたのを思い出す。

2012年のMSU F.C戦も劇的なゴールを決めた。アディショナルタイム、手元の時計で94分。フリーキックから同点ゴールを決めて最悪の結果(勝点0)を免れた試合。

2012年はスタメンから外れることも多かったが、出た試合では質の高いパフォーマンスを見せていた。



v-net.com

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

■関連記事
退団選手 4.DF 山口直大(2013.1.27)
退団選手 9.FW 渡辺正嗣(2013.1.30)
退団選手 13.MF 須貝将弘(2013.2.2)
退団選手 11.FW 栗山裕貴(2013.2.3)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

劇的
2012年のMSU F.C戦は大分での開幕シリーズでしたよね。あれがなければ最終戦にもつれることさえなかったかもしれないと考えると値千金。思い出のゴールです。
【2013/02/10 23:17】 URL | 指宿親子 #jZuhrPR2 [ 編集]


あの時は負けるかと思ったので、本当にあのゴールに救われました。
【2013/02/11 15:51】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター