NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

KSLカップ

この大会は国体予選を兼ねているので、国体規定で出れない選手は出場機会はない。という事で、怪我でどのみち出れない可能性はあれど、吉岡は岐阜SECOND時代の2011-2012年に国体選抜に選ばれてるので出れない。中筋は佐川印刷の時どうだったのだろうか、あと與那嶺偉も。京都の国体選抜は佐川印刷が出ているのだろうけど、彼は2010年の時にアミティエに在籍しながら沖縄県の国体選抜として出ているので、2011-2012の2シーズンにどうだったか気になる所。

怪我人もいる中で規定で出れない選手もいるのは頭数の少ない今シーズンは厳しい。昨シーズンは規定で出れない選手が多く、少ない頭数でやっていたが、2日目の1日2試合はハードだったみたいで、決勝戦は途中交代した選手がピッチに出た瞬間にその場に倒れこんだり、自分で歩けなかった選手もいたほど。今年も少ない頭数でのやり繰りを強いられるので、苦労しそうだ。

尚、仲間内では国体は「罰ゲーム」と言っている者もおり、無理して出る必要ないのではないか、そういった意見もある。しかし、国体とて立派な大会であり、社会人チームとして活動している以上、軽視して欲しくはない。鹿児島にJリーグクラブを作る事が目標ではあるが、それまでの課程として国体であったり、その予選であるKSLカップを戦う上で、県内のサッカーシーンに爪痕を残す必要があると思うのだ。

Jリーグは目標の1つではあるが、そこがゴールではなく、またその過程を有意義なものにしないとJリーグに行けても大きな成果は出ないのではないか、憶測ではあるが、活動の1つ1つを軽視するようでは未来はない。スポーツで鹿児島を盛り上げるというのは、プロスポーツだけ盛り上がっても意味はない。そう思う。

それに、国体の代表になるといっても単独で出る事が義務というわけでもなく、例えば、昨シーズンは鹿屋体大にヴォルカ2名(鹿屋体大OB)を招集しているし、鹿屋体大も過去にはNIFSの選手(学生ではなく社会人選手やユースの子)をメンバーに入れていた事もあるので、国体のメンバーはヴォルカ+αでも問題はない。むしろ、単独よりも県リーグ出身の選手や学生等も織り交ぜて戦う事も底辺の底上げになると思う。

練習時間の確保等を考えれば、優勝したチームが単独で出た方が手っ取り早いのは事実だが、国体を有効活用する事で出来る事もある。それに何より、目の前の試合を全力で戦う事が一番大事な事であり、それを無駄にしてはいけない。というわけで外野が何を言おうと、ヴォルカは全力で戦って国体出場を目指してほしい。



ヴォルカ鹿児島人気投票2013
九州リーグ第3節 vs 佐賀LIXIL FC MIP投票
九州リーグ第4節 vs 九州三菱自動車MOM投票

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

追記で
国体の結果を最大限考慮したら、層の厚いチームを中心としたチームで、必要に応じて+αの招集をすればいいと思うけれど、ヴォルカに勝って欲しいというのは一サポとしての願い。(総意ではなく個人的なではあるが)
公式戦で負けるのは見たくないので。
【2013/05/03 20:47】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター