NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

菜入に萎える

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、今節の「失点におけるキローラン菜入の叩かれっぷり」についてどうしてもブログネタにしたかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。



まず手始めに、菜入が出場したリーグ戦のハイライトを見直してみたが、DAZNは映像が小さいうえ最低限のシーンしか流さないので、検証するのが非常に難しく、自分自身、まだ分からない部分こそあれど、見えてきた部分を挙げると

[1] 構えが腰高→足元のシュートへの反応が遅れる

[2] シュートの時に体が泳いでいる事が多い→反応できるシュートに反応できないケースも出てくる

[3] 跳躍力のなさ→長身だからまだ良いものの、それを補うポジショニングの修正や判断力を備えているように見えない。

[4] ハイボールにあまり強くない→今節でもあったが、ホーム長野戦でもハイボールの処理をミスして失点していた。

といった部分だった。

プレジャンプに関しては、大きいときもあれば、してなくてその結果としてファインセーブに繋がったシーンもあった。

1つの仮説として、GKとしての「型」を持っていないのではないかという印象を抱いた。

去年、山岡の分析を書いたが、山岡は自分の「型」を持っているGKだが、菜入の場合、DAZNのハイライトでは、良さよりも粗さが目立つ結果となった。

これを踏まえたうえで栃木戦の失点に関してだが、まずは1失点目。



画像が粗い上に小さいので見辛いとは思うが、赤のユニが菜入。

このシーン、フリーキックからの素早いリスタートがフリーのネイツ・ペチュニクに渡り、それに対して菜入が飛び出すのだが、これがゴロのパスで抜け出していたのなら、菜入の選択は正しい。

しかし、ボールは浮き球。滑り込みながらの飛び出しでは頭上はがら空きとなる。そのがら空きとなった頭上にループを決められている。

立った状態で間合いを詰めるのがベターな選択に思えた。

続いて2失点目。



シュートコースと菜入の間合いの詰め方を考えると、GKの非はほぼないケースと思われる。

ただ、菜入にフォーカスしてみると、腰は落とせているのに、上半身が立っているのが気になる。試しにこの体勢をやってみたが、とてもシュートに反応できそうには思えなかった。

こういった体の持ってい行き方も工夫すれば防げるシュートは増えるのだろう。

3失点目。



その前のパスミスが9分9厘悪い。しかし、菜入の体勢を見ていただきたい。

菜入はこの時、足からスライディングで行っている。

通常、ゴール右よりの位置で1対1になれば、上半身を右に倒しながら滑り込む。

そうする事で逆サイドに足が残り、その残った足でセーブできる可能性があるからだ。

しかし、手から行かずに足から行っているし、体勢が逆。

一発で奪いに行こうとしたのは、ディレイでコースを消そうにも横にいた選手に繋がるのが分かっていたからだと思うが、こういう状況で咄嗟にそういうプレーを選択するというのは、兼ね備えているスキルがそのレベルという事でもある。

4失点目。



菜入のファンブルが元で生まれた失点だが、まず、菜入が相手選手と競り合った際、菜入の手と競り合った相手選手の頭の高さが同じ位置にある。

キャッチングは極めて難しい状況にあった。

しかし、菜入の体勢はファーサイドに飛び出しながら、ニアサイドに体が向いている。

矢印の方向にフィスティング出来れば理想だが、体勢的には難しいだろう。仮にできたとしても、赤く囲った栃木の選手に拾われる可能性があるし、赤く塗った部分にパンチングできたとしても、今度は青く囲った選手に拾われる可能性がある。

おそらくだが、そもそもパンチングも適切に出来る状況に見えない。

この時、ユナイテッドの選手はボールにしか目が入っていない。

ちなみにゴールを決めたのはゴール前にいる青く囲った選手だった。

あと、気になったのは、菜入が飛び出してゴールマウスを空けているのに、誰もゴールマウスのカバーリングをしていない事。これも頂けない。

無理なら飛び出さないのも選択肢の1つだが、菜入と競り合ったメンデスは190cmの長身。飛び出さなかったら、ドンピシャのタイミングで合っていた可能性もあるだけに難しい判断。

可能なら、「フタバ」の看板があるあの辺にパンチングして外に出せればという所か。

ちなみに、こういった競り合いの時に当たり負けせずに、キャッチングや適切なパンチングができるフィジカルというのは日本のGKの課題だと思う。

5失点目



これはコースが良かったので防ぐのは難しいと思うのだが、菜入にフォーカスしてみると、プレジャンプが少し大きかった気がする。

プレジャンプが終わっていざ飛ぼうとした時には既にボールは赤で囲っている所にある。加えて、左足が少し浮いている。

シュートに対しての備えという部分では疑問が残る。

以上の事から、このレベルでプレーするGKとしてのスキルは高いとは言えない。

日本人GKとしては体格に恵まれてはいるが、190cmあるわけでもなく、身体能力が高いわけでもなく、跳躍力や反射神経が特別優れているわけではないのに、スキルも不足していてはミスの失点が重なっても仕方がない。

結果論だが、大火傷をするリスクは常にあったという事。それが今節に出てしまった格好に。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

佐賀大・松本 健太郎、ファジアーノ岡山へ

佐賀大所属の松本健太郎のファジアーノ岡山への内定がリリースされた。(→公式)

MF 松本 健太郎 まつもと けんたろう
▼生年月日: 1996年3月14日
▼身長/体重: 170cm/67kg
▼出身: 佐賀県
▼ポジション: 左サイドハーフ
▼サッカー歴: 佐賀北高校→佐賀大学
▼選抜歴: 佐賀県国体少年男子選抜、佐賀県国体成年男子選抜、デンソーチャレンジカップ九州大学選抜(2016年)



国体、デンチャレ、リーグ戦で観た限りでは、ドリブル突破に秀でたアタッカーというイメージだった。※右利き

特に印象に残ってるのが去年観たデンチャレでの試合。

積極的な仕掛けが好印象だったが、最近では九州国体でプレーを観た。

この時はドリブルに力強さも感じた。

タイプ的にファジアーノだと3トップの一角として使われるのか?



尚、高校時代はトップ下だったらしい。







人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

×鹿児島情報高校 【高円宮杯県トップリーグ3部上位】

昨日観に行ったU-18の試合について少々。

この試合の注目は先月に18歳の誕生日を迎え、日本での公式に出場できるようになったFWの趙 亭仁(チョ・ヒョンイン)。

能力が高く、出したら依存してしまうリスクがあるくらいの選手という事で、プレーを観るのを楽しみにしていた。ちなみに日本語はペラペラ。イントネーションが日本人と変わらない。

▼鹿児島ユナイテッドFC U-18
GK 1 山之内 幹
DF 2 趙 宰賢(チョ・ジェヒョン)
DF 6 本田 陽司
DF 3 瀬戸口 悠人■10分
DF 15 山野 希瑠
→交代 63分 4 田中 廉人
MF 13 野嶽 寛也
MF 20 大竹 悠策
→交代 31分 23 甲斐 裕也
MF 7 趙 亭仁(チョ・ヒョンイン)
MF 10 藤田 翔輝
→交代 53分 9 元松 駿佑
FW 19 西山 明輝
→交代 63分 18 神野 亮太
FW 8 緒方 隼
→交代 HT 17 吉岡 将輝

-----西山----緒方-----
---------亭仁---------
--藤田----------大竹--
---------野嶽---------
山野-瀬戸口--本田--宰賢
--------山之内--------




中盤ダイヤモンドの4-4-2。注目の趙亭仁はトップ下で出場。

試合はいきなり動いた。

手元の時計で開始22秒、左サイドからのクロスを中で受けた趙亭仁が左足で決める。

U-18 1-0 情報

開始30秒足らずでいきなり初ゴール。

幸先の良いスタートを切ったが、内容としてはどうもピリっとしない。

要因はいろいろあっただろう。

13野嶽の1ボランチによるネガティブトランジョンの際の負担、バックラインとの距離感、過敏に笛が吹かれるレフェリングetc...

3瀬戸口が開始10分で「繰り返しの違反」でイエローを貰うが、1回目のファウルは勝手にぶつかったようなもので流しても問題なかったのだが…。

12分、情報が同点に追いつく。

ゴール前やや左でフリーキック。ファーサイドへ上げられたボールをGK山之内が痛恨のファンブル。これを中へ送られ、FWの14番の選手が押し込む。

U-18 1-1 情報

しかしその直後、すぐさま勝ち越す。

前線でおそらくクロスを上げようとしたのだろう。ただ、キックミスで高いボールが上がるだけになってしまう。が、そのボールに反応した7趙亭仁が合わせる。

U-18 2-1 情報

さらに14分には左サイドの裏のスペースに抜け出した7趙亭仁が持ち込んでからのシュートが決まり突き放す。

U-18 3-1 情報

こういう形で追加点を奪ったのだから、流れを掴みそうなものだが、やはりピリっとしない。

まずはポジティブトランジョン。

サイドハーフがボールを保持しても後方からの押し上げがない。

サイドバックはオーバーラップせず、バックラインに残ったまま。そのバックラインも押し上げない。

前線を孤立させていた。

次に中盤とDFとの距離感。

間延びしていた事で、間のスペースに情報の攻撃陣の侵入を許す。

良いボールの奪い方ができないから、良い攻撃に繋がらない。

後半、8緒方に代え、17吉岡を投入。システムを4-2-3-1に代える。

---------亭仁---------
--西山---藤田---甲斐--
-----吉岡----野嶽-----
山野-瀬戸口--本田--宰賢
--------山之内--------

7趙亭仁の1トップにし、中盤を厚くした。

ボランチを2枚にした事は少なからず影響はあったと思うが、今度は逆に7趙亭仁にボールが集まらなくなった。

結局、パスを繋ぐ過程で縦に入れるタイミングが早いので、前線で収まりにくい状況になっている。

ここで7趙亭仁は前線で張らず、引いて受けたり、サイドに流れる事で回りの選手の動きを引き出す。

56分、趙亭仁が右サイドから突破をし、GKの頭上を越えるシュートがサイドネットに突き刺さる。

U-18 4-1 情報

その後、選手交代を機に少しずつ流れが良くなってくる。

高い位置でのボール奪取や、マイボールになった時の押し上げなど、サイドからの仕掛けがテンポアップされる。

しかし62分、GK山之内が痛恨のキックミス。それを拾われて12番の選手に決められてしまう。

U-18 4-2 情報

GK山之内、2失点に絡む…。彼に限った話ではないが、この試合の守備陣はどうも低調だった。

ただ、攻撃に関してはサイド攻撃の厚みが出来たし、ダブルボランチがしっかりとゲームを作って前半の単調なリズムの改善は出来ていた。

68分、右サイドで23甲斐が起点となり、ファーサイドへ送る。ここでさらに奥にいた18神野に預け、神野のループシュートが決まる。

U-18 5-2 情報。

そして74分、鳥肌モンのゴラッソを観た。

右サイドを突破した7趙亭仁がGKと1対1に。GKの絶妙な間合いでシュートコースは頭上のみ。そこで頭上を越えたループは選択せず、彼が選んだコースは左サイドだった。

上記のようにシュートコースはない。普通に打ったら外れるコースだ。彼はアウトサイドでカーブをかけ、サイドネットに突き刺した。

U-18 6-2 情報。

情報のGKのポジショニングは完璧だったと思うが、それを上回るシュートを決めた。

しかし、この試合は亭仁様様だった。彼がいなかったら負けてもおかしくない内容だったと思う。

また、途中交代で流れを代えた1年生達も見事だった。

でも、この試合は亭仁だろう。U-18にやって来て規定で2年半試合に出れず、これまでの鬱憤を晴らすかのようにゴールラッシュ。

期待はしていたが、それを上回るモノを魅せられた。

■高円宮杯鹿児島県トップリーグ3部上位
鹿児島ユナイテッドFC U-18 6 (3-1,3-1) 2 鹿児島情報高校
※40分ハーフ

得点者;
【U-18】 7趙亭仁(22秒、12分、14分、56分、74分)、神野亮太(68分)
【情報】 14番(12分)、12番(62分)

日時: 2017年9月3日(日)
会場: 鹿児島実業高校
満足度: ★★★★★



MOM: FW 7 趙 亭仁 鹿児島ユナイテッドFC U-18



デビュー戦でゴラッソ込の5ゴールを挙げる大活躍。






















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

中指じゃなくてち○こを勃たせろ

8/19は小林でホンダロックの試合を観に行っており、その事をUPすると、こんな難癖つけたコメントをいただきました。



このテのいちゃもんは「どの試合を観るかは個人の自由」で論破できるので別に気に留めていないのですが、注目してほしいのは絵文字ですよ。

中指立っちゃってますね~。

このコメントの内容よりも、こんな絵文字があるという事に驚きです。

どういう時に使うために作ったのか気になるところです。

ユナイテッド関東さんには「目には目を」じゃないけど、アマゾンの広告でお返ししときますね。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

ホンダロックSC×ソニー仙台FC 【JFL】

8/19は小林でホンダロックの試合を観に行ったので、その試合について少々。

■ホンダロックSC
▼出場選手
GK 21 中山 拳一 福岡大学
DF 22 古垣 秀晃■3分 福岡教育大学
DF 10 諏訪園 良平 宮崎産業経営大学
DF 3 上田 常幸■64分 ツエーゲン金沢
MF 7 山田 貴文 大阪体育大学
MF 5 宮路 洋輔■45+1分 アビスパ福岡
MF 8 大山 直哉 鹿屋体育大学
MF 23 佐々木 翼 東京農業大学
FW 19 吉村 康平 流通経済大学
→交代 58分 13 當瀬 泰祐 ヴェルスパ大分
FW 17 米良 知記 鹿屋体育大学
FW 9 長谷川 将■56分 関西大学
→交代 79分 15 玉城 嵐士 流通経済大学

▼SUB
GK 1 鶴崎 智貴 セレッソ大阪U-18
FW 11 池上 智視 東京農業大学
FW 25 市原 大嗣 カマタマーレ讃岐

--長谷川-米良--吉村---
佐々木-大山--宮路--山田
--上田--諏訪園--古垣---
---------中山----------



■ソニー仙台FC
▼出場選手
GK 1 金子 進 国士舘大学
DF 3 荻原 健太 平成国際大学
DF 22 吉田 吏玖 国士舘大学
DF 19 菅原 啓祐 仙台大学
→交代 90分 5 山田 佑介 中央大学
MF 16 小泉 慶治 専修大学
→交代 73分 7 平野 篤志 駒澤大学
MF 15 吉森 恭兵 流通経済大学
MF 4 瀬田 貴仁 東京学芸大学
MF 13 森原 慎之佑 大阪教育大学
FW 8 菅井 慎也 ヴァンラーレ八戸
FW 9 内野 裕太 拓殖大学
→交代 73分 14 鈴木 翔大 神奈川大学
FW 10 有間 潤 高知大学

▼SUB
GK 32 瀧本 雄太 ジェフ・リザーブズ
FW 17 藤原 元輝 東海学園大学
FW 25 丹代 爽弥 仙台大学

---有間--内野--菅井---
森原--瀬田--吉森--小泉
---菅原--吉田--荻原---
--------金子進--------



共に3-4-3システム。

▼試合

試合は開始6分、ソニーはコーナーキックをグラウンダーでマイナスに送り、10有間がシュートを放つが枠の外。

その1分後、今度はロック。コーナーキックの折り返しがファーサイドへ流れ、ソニーのDFが体を入れて流そうとしたところに、9長谷川がボールを奪い中へ。中で受けた5宮路が肩でトラップして1人かわしてシュートを放つも、GK金子のセーブに阻まれる。

9分、ソニーが先制。コーナーキック。低めのボールがゴール前中央にいた3荻原へ。荻原のダイレクトで放ったシュートが決まる。

ロック 0-1 ソニー

ソニーはコーナーキックはショートコーナーにするか、低い弾道のボールを入れていた。

ロックは長身選手も多く、シンプルに送ると弾き返されるという判断か。

16分、ソニーの攻撃。右サイドを突破した9内野のシュートはGK中山がファインセーブ。

ちなみに、9内野はこの試合がJFL通算100試合出場らしい。

ソニーの素早いプレス、コンパクトな陣形に対し、なかなか攻め手の見つからないロックだったが、32分、7山田が右サイドを突破しようとしたところを倒されPKを獲得。

ソニー側は、エリアの外ではないかと抗議するも、ジャッジは変わらず。

自分が観てた位置からもどっちか判断の難しい位置ではあったが、主審は副審と確認を取った上で判断しているので、これは受け入れざるを得ないジャッジに感じた。

このPKを10諏訪園が決めて同点に追いつく。

ロック 1-1 ソニー

その6分後、ロックが攻撃から守備へ切り替わった際に、8大山のボール奪取から10諏訪園へ。諏訪園が中へ送ったボールを9長谷川が頭で合わせて逆転する。

ロック 2-1 ソニー

前半は2-1でロックがリード。

やっているサッカーはソニーの方が統制されていた。

素早いプレス、コンパクトな陣形を維持し、サイドに厚みを加える。

8菅井、10有間はうまくスペースに入っていく。

ロックはプレースピードがソニーより落ちていたが、ただ、ソニーの攻撃がそこまで脅威だったかと思えばそうでもない。

そんなにシュートを打ってるイメージがなく、公式記録を見てもシュート数に差はない。

守備陣は水際で踏ん張っていた。

後半、55分にソニーは4瀬田からの縦パスに9内野がシュートを放つが正面。

58分は、ロック最初の交代。19吉村→13當瀬。
9長谷川が右へ移り、左サイドに入る。

ソニーは8菅井が中へ絞り、サイドを開けてそこにウィングバックを走らせるスタイル。

63分、ソニーは左サイドからの攻撃。おそらく10有間だったと思うが、10有間のクロスに対し、9内野が飛び込むが、ロックは3上田が倒してしまい、PKに。

そのPKを10有間が決めて同点とする。

ロック 2-2 ソニー

ロックは69分、8大山の縦パスを13當瀬が落とし、17米良がミドルを放つが枠を大きく外れる。

76分、今度はソニー。ゴールやや右。少し距離のあったところでフリーキックを得る。これを3荻原が直接決めてソニーが再びリード。

ロック 2-3 ソニー

リードを許したロックは79分、9長谷川に代え、15玉城を投入。
布陣がこうなる。↓

---當瀬--米良--山田---
佐々木-大山--宮路--玉城
--上田--諏訪園--古垣---
---------中山----------

84分、ロックは左サイドに流れた5宮路がクロス。17米良が頭で合わせるが、枠を外す。

一方でソニーは86分、4瀬田のスルーパスに抜け出した14鈴木がGKと1対1になるが、21中山がシュートを打つ前に防ぐ。

87分はロック。フリーキックの混戦からのシュート。打った選手が誰だったから見えなかったが、ゴールに近い位置だったので入ってもおかしくなかったが、ソニーGKの金子進がファインセーブ。

ソニーは終盤にライン際でキープに入り、1点差を逃げ切り、勝利した。

■JFL 2ndステージ第5節
ホンダロックSC 2 (2-1,0-2) 3 ソニー仙台FC

得点者;
【ホ】 諏訪園良平(34分@PK)、長谷川将(40分)
【ロ】 荻原健太(9分、76分)、有間潤(65分@PK)

日時: 2017年8月19日(土)
会場: 小林総合運動公園陸上競技場
観衆: 233人
満足度: ★★★☆☆



単純なサッカーの完成度という点ではソニーが上回っていたと思う。

しかし、それでも苦戦するところにセカンドステージで出遅れた要因があるのだろうか。それを検証できるほど試合を観れないのが残念だな。

MOM: DF 3 荻原 健太 ソニー仙台FC


セットプレーから2ゴール。うち、決勝点となったフリーキックは見事だった。


































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター